写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が12日、新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のオープンを記念して東京ディズニーシー(千葉県浦安市)にサプライズ登場。初めて東京ディズニーシーを訪れたという木梨は「すばらしい」と大感激だった。

ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』でカクレクマノミのニモの父・マーリンの日本語吹き替え声優を務めた木梨は、両映画をテーマにした同アトラクションでも声を担当。この日は、ドリー役の室井滋、ハンク役の上川隆也、デスティニー役の中村アンと共に駆けつけ、最初のゲスト約240人をお出迎え。自身も開園前にアトラクションを体験した。

木梨は「3回乗らせてもらいました。55歳なんですけど、最高です!」とアトラクションに大興奮。「今日シーデビューさせてもらって。すばらしいですね」と東京ディズニーシー全体も気に入ったようで、帰ったら家族に「行こう! シーすごいから、ご飯でも食べに。散歩してみようよ」と誘ってみると宣言し、「でも答えはわかっています。みんなそろって『大丈夫です』って。たぶん友達と行きたいんじゃないですか。何回か断られているんです」と笑った。

何度か訪れたという東京ディズニーランドでのエピソードも披露。「家族で来て、子供たちよりプーさんにハマった。一番はしゃいじゃって、もう1回乗りたい! 乗らせてくれ!って。プーさんすごい。次の部屋、次の部屋って」と、「プーさんのハニーハント」に夢中になったそうで、「とにかくプーさんにハマった!」と興奮気味に語った。

東京ディズニーシーでしか体験できない「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の海底の世界を体験できる、映像とライドシステムの動きを融合させた屋内型アトラクション。ゲストは、魚サイズに縮むことができるという潜水艦"シーライダー"に乗り込み、ニモやドリーたちと同じ目線で海の世界の冒険を楽しめる。