写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本交通と日本交通の子会社であるJapanTaxiは5月11日、企業14社とともに「陣痛タクシープロジェクト」を発足。妊婦の通院時・陣痛時に慌てずタクシーを呼ぶことができるサービス「陣痛タクシー」の登録者全員に、哺乳瓶やオムツ、赤ちゃん用シャンプーや絵本などが入った「マタニティギフト」を無料でプレゼントする。

陣痛タクシーとは、2012年5月から日本交通が提供しているサービス。お迎え場所、かかりつけ病院、出産予定日などを事前に登録しておくと、陣痛時・通院時にスムーズにタクシーを呼ぶことができ、助産師による講習を受けた運転手が駆けつけてくれる。

2017年3月には累計登録者数約12万人を達成したほか、女性が子育てしやすい環境整備が必須となっている社会背景を受けて、今回のプロジェクトが発足。陣痛タクシー登録者全員に、参画企業14社が提供する育児のスターターキット「マタニティギフト」が無料でプレゼントされる。参画企業は、ユニ・チャーム、三起商行、ズーム・ティー、サントリー食品インターナショナル、UCC上島珈琲、ジョンソン・エンド・ジョンソン、小学館集英社プロダクション、ベアーズ、オイシックス、アサヒグループ食品、サラヤ、パナソニック、IKEUCHI ORGANIC、高島屋となっている。

このうちユニ・チャームからは、オムツ・母乳パッド・おしりふき、三起商行からは、ミキハウスの布絵本と妊娠時のエコー写真を入れるフォルダーが提供される。他にも、哺乳瓶(ズーム・ティー)、カフェインレスコーヒー(UCC上島珈琲)、全身シャンプー(ジョンソン・エンド・ジョンソン)、家事代行クーポン(ベアーズ)、時短献立キット(オイシックス)など、子育て中に便利な商品が詰まっている。

JapanTaxiの川鍋一朗代表取締役社長は、「政府から全ての妊婦にプレゼントされる、フィンランドのマタニティボックスにヒントを得て、ギフトを作った。将来的には、プロジェクト協賛金の一部を運賃にあてることによって、陣痛タクシーの実質無料化を目指したい」と意気込みを語った。

マタニティギフトの提供は2017年6月1日から順次開始され、陣痛タクシーの登録完了から約3週間後に配送されるとのこと。協賛企業の商品から7〜10点が配送用ボックスに梱包され、届けられる(商品の組み合わせはボックスごとに異なる)。