下まぶたメイクで印象コントロール♡赤みをプラスでうるみ目をGET!

写真拡大 (全6枚)

アイメイク、というとアイホールやまつ毛に焦点をあてがちだけど、実は目元の印象を大きく左右するのは下まぶた。ここにどんな色をどうのせるかで、可愛いにもオシャレにも変化をつけられます。下まぶたメイクをマスターして、いろんな顔を手に入れましょう♪

涙袋ぷっくりな愛されアイ

下まぶたメイクの定番といえば、涙袋にアイシャドウをのせること。涙袋がぷっくりと膨らんで見えるので、瞳の縦幅が大きくなったような錯覚効果が得られます。色は、ベージュなどの肌なじみの良い色もオススメですが、デカ目効果に+αを狙いたいならラメがたっぷり入ったピンクアイシャドウがイチオシ! ラメの効果で瞳がうるうるして見えますよ♡ 

左:Before/右:After

ナチュラルなベージュよりも、甘いピンクの方がグッと可愛らしい目元に仕上げられます。デートのときのメイクでぜひ実践してみてくださいね♪ 

ちょっぴり色っぽいオシャレアイ

今季はラズベリーのようなピンクアイテムが豊富です。中でも注目はアイライナーで、可愛いだけじゃなく色気も含んだ色味が絶妙! 

下まぶたのキワに沿ってスーッと細く入れていきます。ラズベリーカラーは元々ある血色と似た色味なので肌なじみが良く、浮きにくい点も優秀。

泣いたあとみたいな目の赤みがちょっぴり色っぽい、こなれた目元に。ブラウンやブラックのようなベーシックカラーでは出せないオシャレ感と抜け感が出せます。

左:ピンクアイシャドウの涙袋メイク/右:ラズベリーカラーライナーの下まぶたメイク

2つともピンク系のアイテムを使ったけれど、入れる位置や色の絶妙な違いで印象はガラリと変わるもの。今季はピンク系以外にも、ブルーやオレンジなどもトレンドなので、下まぶたメイクにぜひ取り入れてみてくださいね! 

【関連記事】
・ 【下まぶたメイク】仕込みブラウンシャドウでナチュラル美人見せ!
・ "下まぶたは濃い色"がお約束♡色っぽ悩殺EYEを作る「グラデバイカラー」メイク

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。