近所のコンビニや薬局にちょっと買い物……。誰にも会いませんように、と祈りながらスッピンにジャージ姿で出掛けていませんか? 何気なくしている「ちょっとそこまで」ファッションが、実はあなたの心のオバさん度を反映していることがあります。今回は「ちょっとそこまで」ファッションについて詳しく解説していきます!

おばさん度1: 眉毛なし

アラサーをすぎて顔に化粧っ気がないと、一気に老け込んだ印象になってしまうことがあります。とくに「眉毛なしの素顔」は「私スッピンです!」と大声で叫んでいるようなもの。もともと眉毛の薄い人はとくに要注意! 顔の印象は眉毛で決まります!

おばさん度2: 上下セットのスウェット

スタバのカップを片手に上下スウェット姿はセレブのお決まりパパラッチ写真。ずば抜けたモデル体型の人がすると様になる上下セットのスウェット姿も、典型的な日本人体型の人が着るとなぜかオバさん風になってしまうのが悲しい現実。どんなにオシャレなスウェットであっても上下セットだとパジャマ風になってしまい、オバさん度が高まる傾向にあります。

おばさん度3: 健康サンダル

イボイボつきの健康サンダルを持っている時点で既におばさん度は高めです。健康サンダルはその見た目だけでなく、履いたときの歩き方もおばさんっぽくなってしまうのが特徴的です。

おばさん度4: 頭頂部にアホ毛満載

年齢に伴いパサつく髪。髪が切れやすくなり、オバQ(を知っている時点ですでにオバサン度は高め)のようなアホ毛が増えてしまうのも髪のエイジングが原因のひとつと考えられます。頭頂部付近にアホ毛が満載に生えているだけで、疲れたおばさん度はかなり高め。「ちょっとそこまで」でも、ワックスやジェルをつけてアホ毛を押さえて行きましょう。

おばさん度5: ダサ汚メガネ+白マスク

オシャレメガネが定着しつつありますが、まだまだ存在するダサメガネ。とくにオシャレに気を使わない自宅用メガネはダサい率が高く、またレンズが恐ろしいほど汚れている場合があります。
そんなダサ汚メガネで白マスクをして出掛けようものなら誰がどうみても「100%ピュアなおばさん」です。自宅使用の眼鏡はお手入れを怠ってしまいがちですが、「ちょっとそこまで」の前にまずレンズの汚れをチェックすることをオススメします。

おばさん度6: 年季の入ったスウェットパンツ

部屋着に最適のスウェットパンツは、「ちょっとそこまで」したくなるアイテムですよね。年季の入ったものになる、コーヒー染みに、ゆるゆるのウエストゴム、もはや原型をとどめていないシェイプ……。ヒップの垂れをさらに強調するスタイルは後ろ姿でオバさんと決定されてしまう超オバさんアイテムです。