写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで12日、新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン初日を迎え、アトラクションのテーマであるディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』で日本語吹き替え声優を務めた室井滋、木梨憲武、上川隆也、中村アンがサプライズ登場した。

ナンヨウハギのドリー役の室井、カクレクマノミのニモの父マーリン役の木梨、タコのハンク役の上川、ジンベエザメのデスティニー役の中村は、同アトラクションでも声を担当。この日は開園前にアトラクションを体験し、「想像以上でした!」「最高です!」と大興奮だった。

そして4人は、8時30分のパーク開園にあわせてアトラクションの前に登場し、記念すべき最初のゲストをお出迎え。サプライズに感激する約240人のゲスト一人ひとりと笑顔で握手し、「いらっしゃい!」「楽しんでください」「おはようございます」などと優しく声をかけた。

その後の取材で、室井は「選挙に出るんじゃないか」という気分になったと振り返り、「(ゲストが)涙ぐまれそうになる瞬間があって、感激のあまりなのかなと思うと、そんなに喜んでいただいてウッて(感動した)」とコメント。木梨も「すごいいい顔をしてくれました」と喜び、室井を見て「ドリー!」と役の名前で声をかけた子供もいたことを明かすと、室井は「ありがたいです」と感動していた。

東京ディズニーシーでしか体験できない「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の海底の世界を体験できる、映像とライドシステムの動きを融合させた屋内型アトラクション。ゲストは、魚サイズに縮むことができるという潜水艦"シーライダー"に乗り込み、ニモやドリーたちと同じ目線で海の世界の冒険を楽しめる。