男子テニス、ゲリー・ウェバー・オープン、シングルス決勝。優勝トロフィーを掲げるロジャー・フェデラー(2015年6月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が、来月開催されるゲリー・ウェバー・オープン(Gerry Weber Open 2017)で通算15度目の出場を果たすことが明らかになった。大会主催者が11日に発表した。

 四大大会(グランドスラム)通算18勝を誇る世界4位のフェデラーは、伝統的にウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)の前哨戦と位置づけられる大会で9度目の優勝を目指す。

 トーナメントディレクターを務めるラルフ・ウェバー(Ralf Weber)氏は、2015年大会で8度目の優勝を果たしているフェデラーの出場について「ロジャーが戻ってくることを楽しみにしている。彼は大会を新たな次元に押し上げ、世界中でより人気のあるものにしてくれた」と語った。

 来月19日から開幕する今大会では、フェデラーのほか、先週のBMWオープン(BMW Open 2017)を制した20歳のアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)ら8人のトップ20選手が参戦する。
【翻訳編集】AFPBB News