写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の橋本マナミが、テレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』(毎週金曜23:15〜)の撮影現場での"セクシーオフショット写真"を公開した。

橋本演じる矢島千鶴香は、元有名美容整形外科の看護師で、その病院の院長と不倫の仲になった末に医療ミスで患者である院長の妻を殺し、業務上過失致死罪で服役しているという役柄。美しい容姿だが、実は全身整形で作り出した"整形サイボーグ"だ。

今作で橋本は、終始ピンクの囚人服に身を包んでいる上、第一ボタンまで留めていることが多く、本人も「エロを封印しています」と宣言。しかし、休憩時間や撮影の合間などではいつも通り、「セクシーなポーズ、してみる?」と言いながら、スタッフのカメラに向かってポーズをとってみたり、豊満な胸の谷間をチラ見せしていた。

そんな橋本のオフショットを公開。そしてきょう12日放送の第4話では、なぜ千鶴香が不倫の末に刑務所に入ることになったのかが判明。ラストでは、主演の剛力彩芽演じる琴音が、ゲス不倫をバッサリと痛快に斬るシーンが待っている。