吉田研作・上智大学言語教育研究センター長

写真拡大

■日常生活で言葉は自然に慣れてくる

【三宅義和・イーオン社長】今回は上智大学言語教育研究センター長の吉田研作先生にお話をお伺いします。吉田先生は『起きてから寝るまで英語表現550』など「起きてから寝るまで英語表現」シリーズ がとても有名です。

この3月31日に、小学校・中学校の次期学習指導要領が公示されました。吉田先生は、文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」や「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会」の委員など、今回の英語教育改革に関わる、ほとんどの部会に名前を連ねておられます。まさに、現在の日本の英語教育改革の中心で活躍されているわけです。

【吉田研作・上智大学言語教育研究センター長】恐れ入ります。

【三宅】そこで日本の英語教育改革について、じっくりうかがいたいと思います。吉田先生は帰国子女だそうですね。何歳の時に、どちらで過ごされましたか。

【吉田】1955年、小学校1年生の時にアメリカのニューヨークに、父親の仕事の関係で行きました。当時は、日本人はほとんどいない時代です。振り返ってみると、小1というのがすごく良かったと思います。1学期が終わって、2学期の途中で渡米したのですが、向こうの同学年の勉強で難しいことは何もありませんでした。もちろん、英語はわかりません(笑)。しかし、算数や理科は大丈夫でした。3カ月ほど教室の後ろで、1人ポツンとクレヨンと画用紙を渡されて絵を描いていましたが。

【三宅】そうなのですか。

【吉田】すると、そのうちに、教師やクラスメートの言っていることが理解できるようになり、席も一番前に移りました。その後は問題なかったですね。

【三宅】大人だとなかなかそうはいかないでしょうが、子どもの柔軟な感性と言うか、受容力はすごいですね。

【吉田】言葉というのは言葉だけの問題ではなくて、その言葉によって伝わってくる情報量がすごく大きい。大人の場合はそれが複雑です。認知的にも相当込み入ったことが伝達されるわけですけれども、子どもの場合は単純だし、勉強や遊びの中で繰り返し使われる英語がほとんどです。そうした日常会話は生活をしていれば、そのうちに自然と慣れてしまう感じでしょうか。

【三宅】ニューヨークには何年いらしたのですか。

【吉田】1年半ぐらいでした。その後、小学校2年の終わりになって、父親の転勤でカナダのモントリオールに移りました。しかし、カナダの学校の方がアメリカよりレベルが高いと言われました。教師から「小学校2年生をもう1度やるように」と言われました。

ところが、途中で「もういいよ」と許可され、学年の途中で3年生に進級しました。そして、3、4学年が終了した段階で、今度は「6年に入りなさい」ということになり、5年生はスキップしました。

■言葉には読む、聞く、話す、書くの4技能が必要

【三宅】日本に戻られたのはいつですか。

【吉田】カナダの中学校には進んだのですが、その年の11月に父親の帰国に伴い出身地の京都に戻りました。けれども、海外では家でも英語で過ごしていましたから、今度は日本語がわかりません。せいぜい、友だちと遊ぶ会話ぐらいしかできない。

カトリック系の進学校に中1の3学期から編入したのですが、なにしろ、教師が何を言っているのかわからないし、黒板に書く文字が読めないわけです。しかたなく、必死に写して家に持って帰り、両親に読んで説明してもらおうとしたのですが、漢字の偏とつくりが極端にはなれていたりして、父が「俺には読めない」と(笑)。そんな状態でした。

【三宅】それは辛かったでしょうね。ただ、英語も日本語も読む・聞く・話す・書くという4技能の大切さを実感として体験されたということにもなると思います。

そこで、英語改革の話に移りたいのですが、2014年に先生も加わっておられた文科省の有識者会議が「グローバル化に対応した英語教育改革」の提言を発表しています。この時、メディアの報道で、英語4技能という言葉が大きく取り上げられました。英語力の重要性は誰もが理解できると思うのですが、英語でのコミュニケーションを図る上で英語4技能が明示されたのはなぜでしょうか。

【吉田】言葉には、やはり4つの技能が必要です。人類史を見ても、最初はスピーキングとリスニングしかないわけです。やがて、文明が発達してくると文字が発明され、リーディング、ライティングが加わってきます。これらをきちんとした形で認識していかないと、本当の意味での総合的な語学力は身につきません。

日本の英語教育はほとんどが読むことに徹してきました。それと文法を学ぶことで言葉のメカニカルな部分だけを教えられてきたのです。しかし、それでは英語はしゃべれないということは、たぶんみんなわかっていたと思います。だが、高校、大学の入試が読解とか文法の知識を問うものでしたから、そうせざるをえない。おそらく、日本では中・高6年間の英語教育を通して英語が使える人材を育成するという考え方はなかったと思いますね。

ところが、90年代あたりから、国際化に伴い「このままでいいのか」という疑問が、企業側から非常に強く出され、英語ができる人材の必要性が叫ばれました。99年には「21世紀日本の構想懇談会」が、時の小渕首相に報告書を出しています。そこでは「グローバルリテラシーを身につけなければ、日本は国際社会で完全に沈没してしまう」と警告を発しました。

そこで、これまでの英語教育ではダメだということで、それまでの学習指導要領ではバラバラだった4技能を一体として教えることが本来の語学学習の姿であるとして、現在の学習指導要領ができているわけです。

ただ、なかなか本当の意味での力がついてこない。有識者会議も、引き続いて議論をする中で出てきたのが、4技能を統合することをめざしても、結局教えていることが従来と変わらない知識偏重の英語教育でしかなかったという認識でした。これは変えなければいけないということで「can do」、すなわち、英語で何を知っているかではなく、何ができるようになるかっていうことを主軸に目標設定とすることが決まりました。ここが、新しい学習指導要領の一番の目玉と言っていいでしょう。

■4技能入試という流れは確実に進んでいる

【三宅】どうしても日本は紙の上での勉強、読解中心にやってきました。会話は音のやり取りですから、声に出して練習することが絶対に必要です。

いま、センター試験があるわけですが、英語の出題を見ると、発音・アクセント、文法、長文読解が中心です。1技能とは言いませんが、読むことができれば高得点が取れます。とはいえ、4技能重視の流れもできつつあり、上智大学が「TEAP」を活用していますね。国に先駆けて、私学では英語4技能試験を導入する大学が増えました。国立大学でも筑波、東京海洋大学、ここに来て広島大学も発表しました。

【吉田】国立大が変わると、本当に公立大・私立大も変わります。ですから、国立の大学が4技能テストを導入しようという動きがどんどん加速しているのは大きな影響力になることは間違いありません。

上智大が「TEAP入試」をスタートさせたわけですけれど、最初、つまり2年前ですが5大学ぐらいしか参加していませんでした。ところが、今年はもう60以上の大学で何らかの形で利用してくれています。4技能で入学基準を設けていこうという流れが確実に進んでいます。

ただ、問題点も見えてきました。スピーキングテストをする際、日常会話レベルで終わってしまっている部分がすごく多いとうことです。よく「ピーチクパーチクできても、読み書きできなければダメではないか」という意見も耳にします。高校の教員たちからも「昔に比べて読解力が落ちた」、あるいは「長文が苦手らしい」といった話を聞きます。

けれども、ディスカッションやディベート、スピーチを取り入れると、そこには読み・書きの要素が入ってきます。しっかりとした土台で、エビデンスをきちんと提供しなければ勝てないわけですよね。そこまで4技能を統合して、認知的にも負荷のかかるような言語活動をやれば、読解力が落ちるはずはありません。むしろ、上がるはずです。こうしたところは、中高の教育から考えなければならないでしょう。

そういう意味で今回、学習指導要領の改訂にあたっても他教科、いわゆる教科横断型の内容を入れていきましょうということになっています。上智では「CLIL」という内容言語統合型学習を行っていますが、言葉そのものを覚えるのではなく、言葉通して何か実のある内容をきちんと把握して、理解して、それについて意見を述べていくという、そういう授業形態に変えていかなければダメだと考えます。それが、できるかどうか。新しい学習指導要領が成功するかどうかは、それにかかってくると言っても過言ではないぐらいです。

(イーオン代表取締役社長 三宅 義和 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)