10日、武漢市動物園のパンダの鼻が真っ白になっており、騒音によるストレスが原因とみられている。

写真拡大

2017年5月10日、封面新聞によると、武漢市動物園のパンダの鼻が真っ白になっており、騒音によるストレスが原因とみられている。

先日来、中国のネットで話題になっている画像が「中国パンダ保護研究センターによるパンダ館改修に関する通達」だ。中国パンダ保護研究センターが武漢市動物園に出した公式書簡をスキャンした画像で、パンダ館及び周囲の環境改善を求める内容になっている。改善が見られない場合は、パンダの提供契約を打ち切ると警告している。

武漢市動物園に取材すると、書簡は事実だと認めた。4月上旬、あるネットユーザーが「武漢市動物園のパンダ・偉偉(ウェイウェイ)の鼻が真っ白になっているほか、館内を延々と行ったり来たりしている」とネットで告発、話題になっていた。パンダ館周辺には売店があり、呼び込みの声がうるさいためではないかと指摘している。中国パンダ保護研究センターはこのネットの書き込みを重視、改善を求める書簡を送ったという。(翻訳・編集/増田聡太郎)