「iPhone8」用の3D顔認証を可能とするフロントデュアルカメラ生産のため、LG Innotekが設備投資を行っている、と韓国メディアが報じています。

「iPhone8」用3Dフロントカメラに約273億円の設備投資

「iPhone8」は、フロントにデュアルカメラを搭載し、3D画像認識で精度の高い顔認証が可能になる、と噂されています。
 
現地時間4月27日にLG Innotekが発表した、2,697億ウォン(約273億円)の設備投資は、Appleからの発注に対応するためのもので、当初の投資額は約2,000億ウォン(約202億円)になる、と韓国メディアKorea Economic Dailyが報じています。
 

LG Innotekは、iPhone7 Plusに搭載されているデュアルカメラモジュールを製造しています。

2013年頃から顔認証関係の動き見せていたApple

数年前から、Appleは3D顔認識技術に強い関心を示していると噂されていました。
 
2013年にはイスラエル企業Prime Senseを買収しているほか、顔認証により端末のロックを解除する技術の特許も取得しています。
 
一方で、3Dセンサーをディスプレイに埋め込む技術上の問題により、iPhone8の出荷が遅れるのではないか、という予測も出ています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Gear India

(hato)