「ダンケルク」ポスター画像 (C)2017 Warner Bros.
All Rights Reserved.

写真拡大

 イギリスの鬼才クリストファー・ノーランが初めて実話の映画化に挑んだ「ダンケルク」の新予告編が、このほど完成した。最悪の戦況で逃げ場を失った兵士たちと、軍に協力した民間人が、決死の覚悟で敵と戦う姿が収められている。

 映画は、第2次世界大戦中の1940年、860隻の船舶を使い、ドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士約40万人の命を救った撤退作戦「ダンケルクの戦い」を基にした物語。ノーラン監督が製作・脚本を兼ね、「インセプション」「ダークナイト ライジング」に続き、トム・ハーディと3度目のタッグを組んだ。

 公開された新予告編は、不安げな表情で浜辺に集まった兵士たちがいっせいに地面に伏せ、上空からの攻撃に備えるシーンから始まる。救出用の船の数が足りず、事態は民間船が出動するまでに発展。取り残された兵士たちは決して降伏せず、生き残るための戦いに身を投じていく。

 さらに、役どころの詳細は明かされていないものの、ハーディ演じるパイロットが空中戦を繰り広げる様子や、マーク・ライランス扮する民間船の船長が、身の危険をかえりみず救助に向かう姿、ハリー・スタイルズ演じる若き兵士の絶望した表情などが確認できる。

 「ダンケルク」は、ハーディ、ライランス、スタイルズとケネス・ブラナー、キリアン・マーフィらが共演する。9月9日から全国で公開。