パリス・ヒルトン(Paris Hilton) photo : Getty Images

今やセレブも一般人もみんなが撮っているセルフィー。なんとパリス・ヒルトンがセルフィーの発明者は自分だと言い始めている。

雑誌『W』のインタビューに答えたパリス・ヒルトン。「もしポケットベルにカメラがついていたら、それで自撮りしたわ」「小さい頃に撮ったセルフィーをまだ持っていると思う。使い捨てカメラで撮ったものよ」とコメント。つまり自分はみんながセルフィーを撮り始めるより、はるか昔から撮っていたとアピール!

また「私たちが登場するより以前には誰も見たことがなかったような、セレブリティという新たなジャンルを私たちが生み出したのよ」「今は有名になるのは簡単。誰でもスマートフォンを使って有名になれる」とも。元祖セレブは私! 今のお手軽なセレブたちとは格が違う! と宣言したも同然。

確かにパリスといえばお騒がせセレブの先駆けではあるけれど、セルフィーについては異論反論が出る可能性が大。まずはパリスの元BFFで、セルフィーの女王と言われるキム・カーダシアンからの反応を待ちたい。

text : Yoko Nagasaka