ファッションからエンターテイメントに至るまで幅広く取り扱うメディアのEsquireが制作しているインタビューシリーズ「Quoted Studios」で、映画俳優・監督のクリント・イーストウッドが2009年に作家のカール・フスマンから受けたインタビューの内容をアニメーション化したムービーが公開されています。

Clint Eastwood Dukes It Out - YouTube

「私はクラスで他の大抵の子どもよりも背が高かった」とクリント・イーストウッドが自身の青年時代について語るシーンからムービーはスタート。



「当時の私はシャイでそれほどアグレッシブな子どもではなかった」



「そして、私の家はよく引っ越ししていました」とのこと。実際、クリント・イーストウッドが少年の頃、一家はレディング・サクラメント・パシフィックパリセーズ・オークランドなど、カリフォルニア州の都市を転々としていたそうです。



よって、学校ではいつもよそ者扱いで、「あのノッポの男は誰だ」と騒ぎ立てられたそうです。



そんな転校続きのクリント・イーストウッド少年も悩んだ「いじめ問題」について、クリント・イーストウッドが自身の体験からアドバイスしています。



いじめっ子に対してクリント・イーストウッドがどう対処したのかというと、「黙れ!」と高圧的に返答して……



パンチを繰り出し、ケンカでケリをつけたそうです。



これにより、少なくともケンカした相手は敬意を示してくれるようになり、そっとしておいてくれるようになったとのこと。



他にも、クリント・イーストウッドは集団精神療法の「感受性訓練」はいじめに対処するための行動ではないと指摘。



その他、ゴルフトーナメントに出場した時に……



女性が「クリント、Make My Day」と書かれたバナーを見せるために飛行機を飛ばしたというエピソードも語っています。





「Make My Day」というのはクリント・イーストウッドがダーティハリーシリーズで演じたハリー・キャラハン刑事の決め台詞。なお、バナーに観客が気づいたあと、ゴルフトーナメントにやってきた人たちは口々に「Make My Day」と言い始めたそうです。