MR/VR向けハンドコントローラをマイクロソフトが発表。ヘッドセット込みで399ドル・実質100ドル
マイクロソフトが、2017年中に発売予定のWindows用Mixed Reality(MR)/VRヘッドセットに向けたモーションコントローラー『Windows Mixed Reality Motion Controllers』を発表しました。
先行して発表された同ヘッドセットとの組み合わせを前提とした、両手持ち型のモデルとなります。

価格は、エイサーの開発者向けバージョンが、ヘッドセットとのバンドルで399ドル。同社の開発者向けヘッドセットは単体で299ドルのため、実質価格(差額)は100ドルとなります。

【ギャラリー】Windows Mixed Reality Motion Controllers (9枚)


Windows Mixed Reality Motion Controllersの特徴は、外部トラッキングセンサーを必要としない点と、コントローラーとしてのボタンの数や配置などがユニークな点。



まずトラッキングに関しては、外部トラッキングセンサー(マーカー)ユニットが不要なタイプの光学トラッキング方式を採用。ニュースリリースなどでも「no markers required」である点が強調されています。

このため、ライバル機であるOculus Rift+TouchやHTC Viveの設置で面倒だった外部センサーの取り付けが不要で、手間が軽減。副次的にPC本体も、センサー接続用のUSB端子を減らせるのがメリットです。



ここで疑問としては「外部マーカーが不要であれば、十中八九必要となるカメラはどうするのか」といった点が浮かびます。
現状ではこの動作に関する詳細は公開されていませんが、これはMRヘッドセットに搭載されたトラッキング用のカメラや、さらにはPC側のカメラを使う可能性がありそうです。



さて、コントローラーとしての部品配置に関しては、握った状態でサムスティック(アナログジョイスティック)とタッチパッドが並ぶ点、つまり親指が担当するポインティングデバイスが2種類あるところがポイント。
これはOculus TouchともHTC Vive付属コントローラーとも違う、かなり大胆にも思えるレイアウトです。



なおタッチパッドに関しては、公式動画で「タッチパッドの周囲を指でなぞってグラフィックスアプリのツールを選択する」など、単純なポインティング以外にも使える仕様であることをアピールします。

他にも人差し指に掛かるトリガーや薬指の位置に来る「Grabボタン」、タッチパッドとスティックの下部に設けられたWindowsボタンなどが確認できます。

このあたりの配置は非常にユニークですが、各種入力機器やXboxコントローラーでノウハウを持つマイクロソフトだけに、使いやすさの点ではかなり考えられたものと予想できます。



さて、マイクロソフトのモーションコントローラーといえば、ジャンルの立役者的存在でもあるKinectが思い浮かびますが、今回は先行するメーカーと同種の両手持ちタイプである点が興味深いところ。

といってもKinectとの繋がりがないわけではなく、むしろ今回の焦点であるインサイドアウトトラッキング(ヘッドセット側に搭載されたトラッキング手法)になどに関しては、Kinectで蓄積したノウハウという、ライバルメーカーが得にくいデータを有する強みによって実現できた点も大きいと考えられます。

また同社は上述したように入力機器で定評あるメーカーの1社。そうした点から、今回のコントローラーも業界標準となるのか、否が応でも期待してしまうのは筆者だけではないはず。MRヘッドセット(の一般ユーザー版)と合わせて、こちらも楽しみなデバイスです。