「カフェ・アンセーニュダングル」

写真拡大

 あまり知られていないが、4月13日は「喫茶店の日」だった。1888年のこの日、東京・上野に「可否茶館」という店が開業したのを記念して制定された。5年で姿を消した可否茶館は、資料が残る国内最古の店である。

 それまでの「喫茶店」に代わり、「カフェ」という言葉が浸透したのは2000年代初めの「カフェブーム」の頃からだ。以前、「喫茶店」と「カフェ」の違いを業界関係者に聞き続けたことがあるが、結論は「ほぼ同じ意味で使われる。カフェとつけたほうが現代的なイメージになる」だった。面白いことに、店員が注文を取りに来て飲食も運ぶ「フルサービス」は喫茶店の代名詞で、セルフサービスは「セルフカフェ」というが、「セルフ喫茶」とはいわない。

 国内の喫茶店(カフェも含む)店舗数は、1981年の15万4630店をピークに、最新調査の2014年には6万9983店に減った(総務省調査を基にした全日本コーヒー協会の発表資料)。全盛期の半分以下に減少してはいるが、09年は7万7036店、12年は7万454店で、下げ止まり傾向も見られる。スターバックスコーヒーやドトールコーヒーショップのような1100店超を展開する大手チェーン店が目立つが、総店舗数の大半は個人経営の店(個人店)で、日本のカフェ文化は個人店が支えてきた。

 今回は、東京のハイセンスな街で長年人気の個人店を紹介したい。古さと新しさが共存する都内の老舗店の取り組みは、「温故知新」につながると考えるからだ。

●原宿、広尾、自由が丘に3店舗を展開

「カフェ・アンセーニュダングル」という店が、都内の原宿、広尾、自由が丘にある。意味はフランス語で「角の看板」だそうだ。筆者は1店だけ知っていたが、店のこだわりについては、文筆家でカフェライターとして有名な川口葉子氏の著作物で学んだ。今回は別々の日に、自由が丘店と原宿店を訪れたが、もっとも古い原宿店の開業は1975年で、今年で42年になる。創業者の林義国氏は、現在は原則として85年に開業した自由が丘店のカウンターに立つ。この店が特筆されるのは、創業以来「接客哲学」を変えていないことだ。

 たとえば店のコンセプトは、「女性客を意識した、フランスの片田舎の一軒家の内装」だ。原宿店はビルの地下にあるが、ビル外壁には蔦が生えており、「これからの季節は蔦が伸びて風情が出る」(林氏)という。店内に入ると、焦げ茶色の色調で落ち着いた空間だ。同氏が建築デザイナーの松樹新平氏に依頼して造った空間は、開業当時「フレンチスタイル」として評判となり、多くの店に影響を与えた。当時の店は若い女性客で行列となったという。今回も訪問時は満席で、少し時間を置いてから入店した。

 看板商品のコーヒーは、ネル(布)ドリップを用い、深煎りで淹れるのも変わらない。飲んでみると濃厚で、苦みとコクのバランスがよい味だ。チーズケーキも人気だという。別の有名店の経営者が「コーヒーとスイーツを一緒に口にすると、違う味が楽しめる」と語ったことも思い出した。

 また、「コーヒー専門店でカウンターがある店は、そこが特等席」や「コーヒーは舌ではなく、頭で味わう」ともいわれる。その理由は、マスターやバリスタの所作も楽しめるからだ。アンセーニュダングルでは、コーヒーの種類によっては、その場でコーヒー豆を挽いてから淹れる。カウンター席なら、真ん中だけに注ぐお湯も注視できる。

「周囲ではなく中央に注ぐ理由は、雑味だけを残して、おいしく抽出されたものだけが下に落ちていくからです」(林氏)

 林氏はカウンターでの所作にもこだわり、ここからの景色が好きだという。

「ほかの店員にも『カウンターでは正統派バーのカウンターマンのように振る舞いなさい』と伝えています。しかし、それはパフォーマンスのためではありません。私はお客さまに正面から向き合うのではなく、少し斜めの姿勢で立ちます。そうすると視野も広がり、カウンターからの死角の場所に座られたお客さんの様子もわかるからです」(同)

●「本物」や「本質」がわかる人が少なくなった

 この店では、コーヒーカップもソーサーも「ロイヤル コペンハーゲン」「ベルナルド」「リチャードジノリ」などの一流品を使う。これも林氏の信念だ。

「わざわざお越しいただいたお客さまですから、おもてなしの意味を込めています。自宅でも来客には、その家にある高級なカップでもてなすのと同じです」(同)

 自由が丘店はカウンター席、少人数席、大人数席があり、大人数席の中央には新鮮なバラが置かれている。原宿店もそうだが、都内の薔薇専門店「ローズギャラリー」から、当日朝に摘んだばかりのバラが14本届けられる。週に一度のペースで花を取り換えるという。これも長年続けている「しつらえ」だ。一連の取り組みには、空間デザインという言葉よりも、昔ながらのしつらえという言葉を用いたくなる。フランスに学び、都内で行う“フレンチスタイル”は、「変わらないことも文化」である欧州の世界観が息づいているようだ。

 ただし、林氏が残念に思うのは消費者意識の変化だという。

「昔に比べて、本物や本質をわかる人が少なくなったように思います。たとえば、器についての世界観を語る人も減りました。また、最近のカフェでは、百円ショップで買った食器で提供する店もある。資金的な都合もあるでしょうが、お客さまへのもてなしという姿勢では疑問に感じます」(同)

 ペットボトルのお茶の新商品を取材すると「急須で淹れたお茶の味に近づけた」と説明を受けることもある。これも、若い世代を中心に「お茶の味=ペットボトル飲料」という意識が高いことと関係する。林氏の懸念は「頭で味わう」文化の衰退にもつながりかねない話だろう。 

●人生の “思い出”につながるカフェ

 もともとカフェ(喫茶店)というのは、飲食の提供だけでなく、客側の立場では「人と人の出会いの場」でもあり、「地域のしゃべり場」の一面もあった。最近はクールな空間が持ち味の店も増えたが、ひとりで過ごしたり、友人・知人と語り合ったり、読書をしたりなど、レストランや居酒屋とは違い、思い思いに過ごせるのがカフェのよさだ。

 我田引水で恐縮だが、2014年に上梓した拙著『カフェと日本人』(講談社)の「あとがき」末尾に、こう記したことがある。

――――――――――――――――――――――――――――――――
誰もが、人生において記憶に残るカフェがあるのではないだろうか。
ここまで目を通していただいた、あなたにお聞きしたい。
「もう一度、訪れてみたいカフェは、どこの何という店ですか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――

 この思いは今も変わっていない。アンセーニュダングルには、学生時代に来たお客が長年の時を経て再訪し、「この店は変わらないね」と言われることもあるという。

 原宿店を取材し、カウンター内の林氏を撮った際に印象的な写真があった。同氏の左側に写っているのは、40年ほど前の若き日の姿だ。出会いと別れの春は、自分を振り返ることも多い時季。時には上質な店で、思いにふけるのもいいかもしれない。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)