5月9日、日産自動車は「スカイライン」が4月24日に生誕60周年を迎えたことを記念して、5月14日〜28日に開催される大相撲五月場所へ、「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産として初の試みである。

 

北斎の浮世絵を背景に歴代モデルを描く

このスカイライン歴代モデル懸賞幕は、両国国技館で開催される大相撲五月場所開催期間中に、先場所で劇的な逆転優勝を飾った横綱・稀勢の里関や、新入幕ながら先場所を見事勝ち越した宇良関の取り組みなどで掲出される予定となっている。

14枚からなるこの懸賞幕のうち、スカイラインが描かれる13枚は日本を代表する浮世絵画家、葛飾北斎の描いた「冨獄三十六景」がモチーフ。北斎の描いた富士山と、時代の最先端を駆け抜けてきたスカイラインの60周年という歴史の節目を重ね合わせたこの懸賞幕は、スカイライン自体も浮世絵で描かれており、1枚1枚の歴代車それぞれが日本を代表するモデルにふさわしい存在感を表現している。

 

13の歴代モデルの絵柄は、これまでに数々の作品を世に打ち出している浮世絵イラストレーター、大菅雅晴さんにより、丹精込めて制作された。