FW久保建英、飛び級招集が大きな自信に「責任を持って頑張る」《U-20W杯》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は11日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、FW久保建英(FC東京U-18)が報道陣に応対。メンバーに選ばれたことは大きな自信になると主張しつつ、選ばれなかった人の分まで頑張るとチームへの貢献を誓った。
(C)CWS Brains,LTD.
◆FW久保建英(FC東京U-18)

──メンバーに選出されて、意識の変化は

「最初の合宿ですが、違う見方をすれば最後の合宿になると思うので、1日1日を大切にしていきたいです」

──メンバーに選ばれたことは自信になるか

「このメンバーに選ばれたことは大きな自信になりますし、自分が選ばれたということは選ばれてない人もいるので責任を持って頑張りたいです」

──FC東京の先輩方に声をかけられたか

「昨日の試合が終わった後に皆さんに頑張ってこいよと言っていただきました。優勝してこいよと言われたので良い結果報告ができるように頑張りたいです」

──どのように貢献していきたいか

「精神面で言えば引っ張ってもらってしまう立場だと思いますので、コミュニケーションはしっかりととっていきたいなと思っています。ピッチ内では自分の強みがあるから選ばれていると思うので、ドリブルだったりパスだったりシュートというところで貢献したいです」

──南アフリカ戦まで2週間を切っているが

「10日くらいで初戦がありますが、まずは残りの10日をその初戦に向けてどのように準備していくかが大事になると思います。初戦が大事になってくると思います」

──チームには慣れてきたか

「最初の頃と比べれば本当に緊張感がなくなったというわけではないですが、良い緊張感に変わりました」

──試合が続いて疲れとかは

「今日は正直疲れが残っていました。疲れはあっても体の調子は良かったと思います」

──プロの舞台でコンスタントに試合に出ることは初めての経験だと思うが

「いろいろな人が相談してこういう日程になっているので全く問題はないです」

──この10日間でできることは

「限られてくるとは思いますが、周りの選手とたくさんコミュニケーションをとって、自分のことを知ってもらいたいです」