夏美優さん(左)と韓国語バージョンを担当した在日韓国人のキム・ヒョンヒさん=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】日本の作詞・作曲家であり韓流ファンの夏美優さんが韓国を応援する歌「チングヤ」(友よ)を制作し発表した。
 

 夏美さんは11日、聯合ニュースの電話取材に対し、昨年から政治や外交などで様々な困難に直面している韓国の人たちに元気を与えたかったとし、韓日関係は冷え込んでいても韓国のことを友達のように感じている日本人も多いということを歌で表現したと説明した。
 夏美さんは2011年に東日本大震災が発生した際にも被害者を励ます曲を作っている。
 「チングヤ」は韓国語、日本語、カラオケ用の3バージョンで、韓国語バージョンは在日韓国人女性のキム・ヒョンヒさんが担当した。シングルCDで制作され、日本全国で販売される予定だという。
 同曲のミュージックビデオ(MV)を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」(https://www.youtube.com/watch?v=DgrlV2ufOHI)に公開したキムさんは「会社員、主婦、料理人など韓国が好きな一般人が登場し、『韓国愛してます』『頑張って韓国』『私たちは友達だ』など多様なメッセージを掲げて応援する様子を収めた」とし、歌い手もMV出演者も自発的に参加したと紹介した。
 夏美さんは、どこのスーパーに行っても韓国製品の棚があるほど「韓流」は日本の生活の中に溶け込んでいると話した上で、韓国は底力があり、対内、対外的な問題をすぐに解決することができると皆が信じていると強調した。
 CDの販売収益金は韓国の児童福祉団体に寄付する計画で、別の曲も準備しているという。
yugiri@yna.co.kr