小学2年生を受け持つ米女教師が違法薬物に重度の依存(出典:http://www.nydailynews.com)

写真拡大

Math(算数)を教えるどころかMeth(メス)に夢中になっていた女の教師を逮捕…笑えないジョークとともに米メディア『NY Daily News』が報じたのは、20代の女の教師による薬物絡みの業務上横領事件であった。米オクラホマ州の小学校でこのほど…。

みるからに薬物依存が見て取れる皮膚、真っ黒い目の下のクマと赤い鼻。これはオクラホマ州サパルパの「ホームズパーク小学校」で2年生を指導していたミーガン・スローンという27歳の女教師の情けないマグショットである。スローンは他の教師のパソコンからFacebookに「ヘロインを買うためなら学校のあらゆるものを質に入れてやる」などと綴り、実際に学校の2台のiPadを無断で質入れ。さらに遠足の積立金を着服してドラッグの購入にあてていた。その事実をつかみ学校側が今月1日に警察に通報したという。

スローンは職場である小学校で警察の事情聴取を受け、バッグにブラックタール・ヘロイン、覚せい剤のメタンフェタミン、焦げた金属スプーン、ヘロインの空袋、注射器約40本、それに麻薬依存症治療に使用されるサボキソン (Suboxone)などが発見され、違法薬物所持の現行犯および業務上横領の疑いにつき逮捕された。アメリカでは学校の周辺1000フィート(304.8m)以内における違法・規制薬物の売買や使用は特に厳しく罰せられるが、教師であるスローンがこれを知らないはずはない。

事件を担当したフィリップ・ディール警部補によれば、スローンも処方鎮痛薬を多用することで徐々に薬物依存を深めていき、気が付いたらヘロインに手を出していたと話したもよう。アメリカではよく聞かれる話である。多幸感と引き換えに依存性が極めて強く禁断症状も激しい、危険薬物の代表格ともいえるヘロイン。昨今、米国の警察は「犠牲になるのは常に非力な子供たち。たとえ一般市民が不快に感じるとしても撲滅に向けた取り組みとしてご理解を」として、ヘロイン依存が原因で起こった様々なトラブルや当人の無様な姿を捉えた赤裸々な写真をHPやSNSに紹介することが増えている。

出典:http://www.nydailynews.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)