仕事に対する考え方がわかる【心理テスト】座禅、バンジー、工場見学、川下り……体験したいものは? 

写真拡大

 あなたにとって、仕事とはどんなものでしょうか。生きがい? しかたくなくしていること? それによって、仕事への熱意や取り組み方が変わってくるでしょう。今回は、あなたの仕事に対する考え方を探る心理テストを紹介します。

【質問】
 あなたが体験してみたいものはどれ?

A:お寺で座禅
B:バンジージャンプ
C:工場地帯見学
D:ボートで川下り

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

【診断できること】
「仕事に対する考え方」
 あなたが体験したいと思っているものは、あなたの働く意欲のあらわれ。そこから、あなたの仕事に対する考え方がわかるのです。

■A:お寺で座禅……独立志向が強い
 お寺で座禅をすると、自分自身と静かに向き合えます。あなたは、自分1人の裁量で仕事がしたい人。大きな会社や組織の一員として人に使われるより、小さくてもいいから自分1人の力で勝負をしたいタイプです。ゆくゆくは起業をして、自分の会社を持ちたいと考えているのではないでしょうか。

■B:バンジージャンプ……高い地位が欲しい
 バンジージャンプは、高いところから飛び降りる恐怖に勝たなければいけません。あなたは仕事での成功を求めて、とことん出世にこだわる人です。キャリアや実績が認められて高い地位を得ることを望み、そのためならどんなつらいことでもします。仕事中心の人生になりやすく、ワーカホリック気味になりやすいでしょう。

■C:工場地帯見学……仕事はお金を稼ぐ手段でしかない
 工場は、流れ作業でいろいろな物を作る場所。あなたにとって仕事とは、お金を稼ぐ手段。生活のために、仕方なく働いていると考えているようです。オンとオフをきっちりわけ、仕事にプライベートを邪魔されることを嫌います。できることなら働かず、自分の趣味や人生を楽しみたいと思っているでしょう。

■D:ボートで川下り……楽しく働きたい
 ボートで川を下る体験は、スリル満点。あなたは、どうせ働くなら、毎日ドキドキ、ワクワクできるような楽しい仕事がしたいようです。もし今の仕事をおもしろいと思えなくなったら、迷わず違う仕事を探すでしょう。ゆくゆくは、趣味を仕事にできればいいのにと思っているのではないでしょうか。

 仕事への価値観は人それぞれ。どうせ毎日やらなくてはならないことなら、自分の考えに合った仕事を、イキイキとできるといいですね。
(紅たき)※画像出典/shutterstock