出典:https://www.shutterstock.com

昔からよく、「恋愛と結婚は別物」だと言われていますが、相性的にみるとどうでしょうか。そこで今回は、『数秘術』を用いて結婚運をみてみましょう。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって1980年3月14日生まれの人のナンバーは “8”です。

 

■1・8…控えめで穏やかな人とバッチリ上手くいく

1・8のあなたは、自分と同じように自我をしっかり持っていて、意見をビシビシ言う相手とは衝突してしまいがち。そのため、穏やかであなたに譲歩してくれる異性が、結婚相手としてはピッタリでしょう。1の人は、柳のように柔軟で気の長い相手なら、幸せな結婚生活を送れそう。8の人は、控えめで優しい性格の異性と一緒にいると、癒されて生産的な思考に至るでしょう。

 

■2・9…自分をリードして引っ張ってくれる人と合う

2・9のあなたは、大人しくて優しいタイプの異性だとなかなか結婚まで発展しにくいようです。多少強引でもあなたを引っ張っていってくれる気の強い相手の方が、意外とウマが合うと言えます。2の人は、強気でエネルギッシュな人といると、自分も元気をもらえるでしょう。9の人は、おせっかい焼きであなたのことを一番に考えてくれる相手とならハッピーに。

 

■3・5・6…家計を任せられるシッカリ者が理想的

3・5・6のあなたは、毎日遊んで暮らしたいというのがホンネのところ。将来のことをあまり考えていない相手と一緒になると、家計はいつも火の車になってしまう恐れも。そのため、シッカリ者が理想的。3の人は、家計を管理できる計算に強い人がピッタリでしょう。5の人は、人生設計をキチンをできるパートナーがいてくれたら“鬼に金棒”かも。6の人は、優しすぎるので正義感が強い、少し厳しめの相手とならバランスが取れるでしょう。

 

■4・7…場を和ませられるムードメーカーがベスト

4・7のあなたは、やや堅苦しいところがあるので、独り身だと味気ない生活になってしまいがち。そんなあなたの人生を彩ってくれるのは、ユーモアがあって空気を和ませられるムードメーカー。4の人は、楽天的な性格の異性といると、イライラがなくなり優しい気持ちに。7の人は、フットワークの軽い好奇心旺盛な彼と結婚すれば、視野がグンと広がるでしょう。

 
生年月日には、古くからその人固有のパワーが宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※   Vadven/shutterstock

【関連記事】

※ あなたの「運命の相手」はどんな人?【生年月日占い】

※ 気になる彼との相性がわかる【生年月日占い】

※ キスの相性がわかる【生年月日占い】

※ あなたと相性がいい男性は?【生年月日占い】

※ エッチの相性がわかる【生年月日占い】