PasocomMini MZ-80C

株式会社ハル研究所は、パソコンの名機をミニチュアサイズで再現する「パソコンミニ」シリーズの第1弾として、1979年にシャープ株式会社が発売した「MZ-80C」のミニチュアモデル「PasocomMini MZ-80C」を10月中旬に発売すると発表した。予約受付は6月1日から。同製品は、サイズをオリジナルの1/4という手のひらサイズに縮小したミニチュアモデル。実機に備わっていた開閉機構を再現し、モニターフードを外して画面シートを交換することにより、さまざまなシーンを演出できる。また、カセットデッキの開閉により、付属のカセットテープを入れ替えできるギミックも装備している。

内部にはRaspberry Pi A+を搭載し、BASICプログラミング環境として、株式会社スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載している。USB-HIDクラスの機器を扱えるほか、GPIOポートへのアクセスも可能となっている。

さらに、MZ-80シリーズのハードウェアエミュレーション機能を組み込んでおり、マシン語プログラムが実行可能。SmileBASIC上からエミュレータをコントロールすることも可能で、CPUの実行停止やトレース実行、ブレークポイント設定やメモリへの読み書きなどの操作も行える。また、当時人気の高かった3本のゲームソフトも実装している。株式会社ハル研究所
価格:19800円(税抜)
URL:https://www.pcmini.jp/
2017/05/11