記事画像

写真拡大

映画館といえば通常、大人1人1800円。割引サービスなどを利用すれば、少しお得に観ることができますが(「まだ1800円で観てるの? 実はこんなにある「映画館」の割引サービス」)、案外高い出費になりますよね。

最新作にこだわっているわけではなく「フラッと映画でも見に行こう」という気分なら、「名画座」に行く手もありますよ。

都内の主要名画座はこちら

名画座は過去に公開した作品を上映している映画館。通常2本立てを1000円〜1500円程度で観ることができます。都内にもいくつかあり、それぞれ個性的な映画を上映しています。思いがけない名作に出会えるかもしれません。

上映作品は古いものばかり...と思われがちですが、1年前に公開した映画を上映しているところもあります。それぞれラインアップに特色があるので、好みの名画座を見つけてみて。

●新文芸坐(2本立て/一般1300円)
1997年に閉館した名画座「文芸坐」が2000年に「新文芸坐」として復活。毎週土曜日に実施しているオールナイト上映も魅力。JR池袋駅東口より徒歩3分

●シネマヴェーラ渋谷(2本立て/大人1400円)
2006年にオープンした邦画中心の名画座。1週間ごとに2作品ずつ上映。JR渋谷駅ハチ公口より徒歩13分

●目黒シネマ(2本立て/一般1500円)

ハリウッド大作からミニシアター系まで邦画・洋画問わず幅広く上映。JR目黒駅西口より徒歩2分

●早稲田松竹(2本立て/一般1300円)
ロードショーの終了した映画や過去の名作を厳選し、上映。地下鉄高田馬場駅7番出口から2分

●キネカ大森(2本立て/一般1300円)
3スクリーンからなるミニシアター。2010年から名画座としての営業も開始。J R大森駅東口より徒歩3分

●飯田橋ギンレイホール(2本立て/一般1500円)
日本やアメリカをはじめ、アジア、ヨーロッパの珠玉の作品を「国境なきラインアップ」で上映。地下鉄飯田橋駅出口B4a・b4bから徒歩1分

編集部イチオシは映画観放題パスのある名画座

東京バーゲンマニア編集部のイチオシは「飯田橋ギンレイホール」。1974年にオープンした名画座で、どことなく昭和の空気が漂います。客層も若者からお年寄りまで幅広く、女性1人でも安心して入れます。

地下鉄飯田橋駅からは徒歩1分、JR飯田橋駅からも徒歩3分とアクセスがよく、映画の前後には神楽坂エリアでランチやお茶をする楽しみ方もできます。近くには有名な甘味処「紀の善」があるので、映画の余韻に浸りながら絶品の抹茶ババロアを味わうのもおすすめです。

最大のおすすめポイントは「ギンレイ・シネマクラブ」の制度。1万800円(税込)でカードを発行すれば、ギンレイホールで上映する映画を1年間観たいだけ観ることができます。同伴者も割引料金の1000円で鑑賞することができるのも魅力です。

シネコンで新作映画を楽しむのとは別に、お気に入りの名画座を見つけてみては?