写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●今年はクラウド&AIが初日のテーマ
米Microsoftが2016年5月10日(現地時間)から開催中の開発者向けカンファレンス「Build 2017」。初日の基調講演で発表された新テクノロジーや製品に関する最新情報から、キーポイントを取り上げて紹介しよう。

○今年はクラウド&AIが初日のテーマ

例年と異なり、初日はクラウド&AI(人工知能)に関する話題が中心だった。最初に登壇したMicrosoft CEO Satya Nadella氏は、1993年開催の開発者向けカンファレンス(当時はProfessional Developers Conferenceだった)を振り返り、時代の潮流や自社ミッション、今後注目すべきテーマなどをなぞった。

○AzureやVisual Studio、DB周りを強化

クラウド関連は大きな話題だけピックアップする。Webブラウザー経由でアクセスするAzure Portalには、直接Bashを使ってMicrosoft Azureを操作する「Azure Cloud Shell」が加わった。この機能は、専用アプリ「Azure Mobile Portal」をインストールすることで、スマートフォンからも実行できる。

また、これまでプレビュー版だったVisual Studio for MacがGA(一般提供版)となり、Azure Database Migration Serviceや、Microsoft Azure上でPostgreSQLやMySQLといったRDBMS(関係データベース管理システム)が利用可能になった。さらに、非構造化データを格納できる「Azure Cosmos DB」も発表。これについては公式ドキュメントを参照してほしい。

●AI関連の強化ポイント
○人の創意工夫を増幅するAI関連の強化ポイント

AI関連の話題はMicrosoft EVP, AI & ResearchのHarry Shum氏が担当し、Cognitive Servicesに「Video Indexer」と「Cognitive Services Labs」が新たに加わることを発表した。

前者は動画に対するメタデータを自動生成する機能だが、ちょうどフジテレビの動画投稿サイト「DREAM FACTORY」で行われたデモンストレーションでも、この機能が使われている。後者の「Cognitive Services Labs」は、開発者がコグニティブサービスで実験的な試みを行えるプラットフォームとなる。

その他にも、画像認識AIをWebブラウザー経由で行える「Custom Vision」の新設やチャットボットの改善、Microsoft Azure上で深層学習のトレーニングを行う「Azure Batch AI Training」などもアナウンスされた。

また、日本国内では発表済みの「Microsoft Translator」に関してもデモンストレーションを披露。会場ではスペイン語と中国語のリアルタイム音声翻訳を試みたが、中国語→スペイン語は聞き取りに失敗するなど、場所を選ぶことに変わりはないようだ。

1日目は、Windows 10 Sや新デバイスに関する発表が一切行われず、少々拍子抜けした感は否めない。だが、Buildはそもそも開発者向けカンファレンスであり、今現在の開発者が関心を持つ話題を優先するのは当たり前だ。そのためMicrosoftは、クラウド&AIをビッグテーマとして、昨年の2日目から初日に持ってきたのだろう。明日は2日目の基調講演で語られた内容をご報告する。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)