文在寅大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】多くの北朝鮮住民が韓国の大統領に文在寅(ムン・ジェイン)氏が就任したことを知らずにいるもようだ。

 韓国で活動する北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「NK知識人連帯」の金興光(キム・フングァン)代表が11日、聯合ニュースの取材に対し、北朝鮮の現地消息筋の話として「(北東部)平安北道新義州の住民は現在、韓国の大統領選で誰が大統領になったのか全く知らずにいる」と伝えた。
 金氏によると、最近北朝鮮当局が米国政府系放送の「自由アジア放送(RFA)」や「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」など北朝鮮で受信可能な七つの放送に対する妨害電波を大幅に強化しているという。
 金氏は「北の当局は今後、対内向けのメディアを通じて住民たちに誰が韓国大統領になったのか公表するだろうが、大統領就任時の対北政策の公約などが知られるのを懸念しこのような措置を取ったものとみられる」と説明した。
 北朝鮮北部の両江道・恵山出身の脱北者もこの日、「北にいる家族と通話をしたが、(家族は)文在寅大統領当選という結果について何も知らない状況だった」と話した。
 2012年の大統領選では朝鮮中央通信が、選挙翌日の12月20日の午後に、当選者や得票率などを伏せた状態で短く報道した。
yugiri@yna.co.kr