府中に大型複合施設「ル・シーニュ」がオープン - 京王線・府中駅直結

写真拡大

大型複合施設「ル・シーニュ」が、2017年7月14日(金)、東京・府中にオープンする。

京王線のターミナル駅である「府中駅」からペデストリアンデッキで直結する「ル・シーニュ」は、ファッション・雑貨・レストラン・サービス店舗・クリニックなど約100店舗が入居する、地下1階から地上4階までの商業ゾーン「SHOP PODS」と、地下2階および5・6階の公共施設、そして7〜15階の分譲住宅「プラウド」を含む住居ゾーンからなる、商・公・医・住一体型の大型複合施設となっている。

入居テナントの詳細は、2017年5月11日(木)現在未定だが、43年越しとなる再開発事業の締めくくりとしてオープンする「ル・シーニュ」は、府中の新たなランドマークとなりそうだ。

【施設情報】
「ル・シーニュ」
オープン日:2017年7月14日(金)
住所:東京都府中市宮町一丁目100番地

<施設構成>
■商業ゾーン「SHOP PODS」(B1F〜4F)
物販店舗・飲食店舗・サービス店舗・クリニックなど約100店舗で構成。
■公共施設(B2F、5〜6F)
地下2階は、4つの音楽練習室からなる府中市立府中の森芸術劇場分館。5階及び6階は、観客席定員284人の「バルトホール(5階)」が入る府中市市民活動センター「プラッツ」。
■住居ゾーン(7〜15F)
野村不動産の分譲住宅を含む138戸の「プラウド府中ステーションアリーナ」。


[写真付きで読む]府中に大型複合施設「ル・シーニュ」がオープン - 京王線・府中駅直結

外部サイト

  • 渋谷肉横丁ではしご酒イベント開催 - ビュッフェ&お酒飲み放題、参加店舗は行き来自由
  • ザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ』50周年記念の特別盤が発売、東京&大阪に限定ストアも
  • フランス産発酵バター「エシレ」専門店から”ハート型の焼き菓子”パルミエ・エシレ登場