【詳細】他の写真はこちら

祭壇もせいぜい半世紀前葬送文化は案外フレキシブル



最近のお葬式は、祭壇を置かずに花を添えて慎ましやかにすることが多い。特に都市は家族葬といって身内+αのごく少人数で送るスタンスが式全体の5割に迫る勢いで増えていて、式すらせずに火葬場で焼いて終わりの直葬(ちょくそう)というタイプも伸びてきている。

かつてあった、祭壇や花輪を盛大に飾って、百人以上の参列者が集まるようなお葬式はだんだんと珍しくなっている。葬祭ホールでは20~30人向けの小さな式場も選べるようになっている。火葬場の駐車場は大型バスの区画が消されて、マイクロバス用に細分化されたりもしている。いまは65歳以上の人口が27%を超える超高齢社会。亡くなる頃には社会との関係が薄くなっている人も多いし、地域社会のつながりも薄くなっている。昔ながらのお葬式の風景を維持するのは難しい世の中になっているわけだ。

けれど、ご安心を。この「昔ながら」は、別に何百年と連綿と守られてきた伝統というわけではなく、せいぜい戦後からの風習が大半を占めている。祭壇自体がその前後に生まれた流行だし、それ以前の時代は霊柩車なんてほとんど走っていなかった。参列者に清めの塩を入れるのも’70年代にどこかの葬祭グッズ企業が広めたものと言われている。葬祭ホール自体、’90年代以降に立てられたものが主流だったりする。

案外、葬送文化は時代のニーズにあわせて柔軟にフィットしていくところがある。親戚のおじさんやおばさんは現在のスタイルに戸惑うこともあるかもしれないが、その人たちが伝統的と思っているスタイルも、たった数十年前に現れた潮流だったりする。

裏付ける証拠は図書館や博物館などいろいろなところにあるが、いまはわざわざ足を運ばなくても、ネットで信頼性の高い史料にも触れられる。いい時代だ。それが今回の本題。ネットでかつての葬送文化を旅してみたいと思う。

地域の皆で故人を送る野辺の送りの絵が残る



150年前、開国前夜の幕末の頃を覗いてみよう。長崎歴史文化博物館のサイトは、出島でシーボルトお抱えの絵師として知られる川原慶賀(1786年頃-1860年頃)の作品を高解像度で公開している。そのなかに「日本人の一生」シリーズにある「病臥」から「葬列」までの連作が興味深い。



▲長崎歴史文化博物館が公開している「川原慶賀の見た江戸時代の日本(I)」のトップページ。左の「日本人の暮らし」メニュー内に「日本人の一生」の連作コーナーがある。

「死去」と「湯灌(ゆかん)」で描画された、亡くなった直後に僧侶が呼ばれてお経を読んだり、棺に納める前に故人の身体を清めたりする光景は現代に通じるところがあるだろう。その後の「墓堀り」や屋敷前で火を灯す「送り火」も、その名残りを残した儀式がいまに伝わる。現代からみてもっとも異質なのは当時の葬儀のメインだった「葬列」の場面かもしれしない。上に置いているページがそれだ。



▲長崎歴史文化博物館が公開している「川原慶賀の見た江戸時代の日本(I)」のトップページ。左の「日本人の暮らし」メニュー内に「日本人の一生」の連作コーナーがある。

柩を入れた輿を数人で担ぎ、僧侶や関係者やその前後に並ぶ。これは“野辺の送り”と呼ばれるもので、遺体を屋敷から墓地や野焼き場まで皆で送り届けるという儀式だ。柩の入った左側の輿を持つ人たちは喪服を着た近親者。当時の喪服は男女ともに白かった。黒に変わっていったのは明治時代に西洋文化が流入してからになる。この柩の入った輿が、宮型霊柩車や祭壇に変化していったといわれている。

万葉集の写本も読める国宝の地獄草紙だって



この時代は土葬が一般的だったが、火葬の歴史も長い。日本で最初に火葬したのは、700年に亡くなった僧侶だといわれている。その少し後に編まれた『万葉集』には、愛する伴侶を火葬して、遺灰を野に撒く次の歌が収録されている。

 玉梓(たまずさ)の

 妹(いも)は珠(たま)かも

 あしひきの

 清き山辺に

 撒けば散りぬる

万葉集はいくつかの書き写された本が現存しており、その画像を公開している組織もいくつかある。

また、国宝から当時の死生観が味わえるものもある。国立博物館が所蔵している国宝や重要文化財を公開しているサイト「e国宝」では、12世紀に作られた絵巻物『地獄草紙』や『病草紙』が閲覧できる。

インターネットはせいぜい30年程度の歴史しかないが、過去の史料につながることで、「かつての葬儀」よりも遙かに古いニッポンに触れられる。それが興味深い。

文/古田雄介

古田雄介/利用者没後のインターネットの動きや、社会におけるデジタル遺品の扱われ方などを追うライター。著書に『故人サイト』(社会評論社)などがある。デジタル遺品研究会ルクシー(LxxE)理事。

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋

「古田雄介のインターネット死生観」記事一覧ページ

「正しいデジタル終活術」記事一覧ページ(旧連載)