ドラマや映画ではよく“運命の出会い”だとか“運命の恋”なんてことがあるけど、「現実に運命の相手となんて本当に出会えるの?」と疑問を抱いている人も多いはず……。今回は、実際に運命の相手と出会えた女性たちの話しから、“運命の相手”について検証してみました。

嫌なところも全部含めて受け入れられる人



・「私の理想のせいなのか、はたまた男性に対しての期待値が高かったのか、これまでは付き合ってもすぐに相手のことがイヤになってしまい長続きしなかった……。でも、今の彼氏なら嫌なことがあってもいちいち気にならないし、欠点さえも許せちゃう」(30代/歯科衛生士)

・「いつもは付き合うと相手に不満を感じて喧嘩になることが多かったけど、今の彼氏とはそんなことはない。言わなくても自分が落ち込んでるとそれを察してしてくれるし、彼には自分の思いが伝わらないとかわかってもらえないもどかしさがない」(20代/アパレル)

・「自分の思い通りにいかなかったり、自分の気持ちを相手に理解してもらないとイライラしちゃて『あー、恋愛って面倒くさい。もうヤメた!』なんてすぐ諦めちゃってた私。でも、今の彼氏と付き合ってみたら不思議なほどイライラしない。きっと彼が大人だからなのだと思いますが、彼には優しくなれる自分がいます。自分のワガママを通そうとか思わなくなりました。彼氏といると、自分のことも好きになれます」(20代/不動産関係)

全然イライラしない相手こそ、運命の人?
女性は相手と共通点があったり、思っていることが偶然にも同じだと、「コレって運命?」と感じてしまうことが多いものです。しかし、真の運命の相手とは考え方や言動が似たもの同士でなくともいいのです。
人は誰しも、嫌なところも悪い癖や短所もあります。しかしその欠点を攻撃するのではなく、それを補おうと思える相手こそ、たった一人の運命の男といえるでしょう。

素直になれる、ありのままの自分でいられる人



・「人見知りで引っ込み思案だった私は、男の人と話すのが苦手だった。でも、その人とは初めてのデートでも緊張しないで自然に会話することができた。彼が変にかっこつけたりしない自然体の人だったから、私も素直になれたのかも……」(20代/飲食)

・「なかなか自分の気持ちや本音を出せない私が、彼の前では本当の自分をさらけ出すことができた。相手には素直になれて、自分には正直なのが一番ですね」(20代/通信)

・「ありのままでいられる相手こそ、まさに運命の相手。見た目も自分の好みとは正反対だったからこそ、いい意味で気を遣わずに自分らしくのびのびといられたのかも。自分を飾らず偽らずにいられる相手は本当にラクです。それが今の旦那様(笑)」(30代/保険)

飾らずありのままの自分を出せている?
本音をぶつけられる、自分の気持ちを素直に出せるようなストレスフリーな関係が理想的です。「気づいたら、その人の前では素の自分をさらけ出していた……」なんて人こそが、運命の相手かもしれません。意思疎通がスムーズにできる相手は、大切にしたいものですね!

一緒にいてドキドキするのではなく、安心する人



・「彼と初めて会ったときに感じたのは、ドキドキするというよりもなんともいえない安心感。今までの恋愛を振り返ってみると、刺激はあっても相手のことを信じられなかった気がする。今の彼はとても誠実だし、心から信頼できる」 (20代/金融)

・「不思議なことに、初めて会った気がしなかった。今まで感じたことのない心地良さ、流れる空気が穏やかで……別にタイプとかでなかったのに『あ、この人だ!』と思いました」 (20代/オペレーター)

好みのタイプじゃなくても、落ち着く相手を大切に♡
自分のタイプなら惹かれて当たり前ですが、タイプじゃないのに惹かれ合うことこそまさに運命! これまで幾度かトキメクような恋をしてきてたとしても、そのとき相手に感じた運命は勘違いだったのかもしれません。「この人、モロタイプ」「彼といるとドキドキする」というようなザワザワした感覚や刺激ではなく、心地良さや自分の気持ちが落ち着くような相手……。「この人なら大丈夫!」と安心できる人こそ、自分だけの王子様になるのです。

運命はあなたの近くに潜んでいるかも……!?



会った瞬間に「ビビッときた」「電流が走った」というような直感は、ハズレであることも多いものです。“運命の出会い”とはそんな電撃的なものでなく、自分の心が穏やかになれることから見出せるものもあります。

本当の運命の相手とは、案外自分の近くや日常に潜んでいるのかもしれません。決してドラマチックな出会い方ではなくとも、その人といると幸福感を味わうことができることこそ未来に続く運命の恋なのです。自分が幸せを感じた瞬間に“運命の相手”は生まれるのです。
(神崎桃子)