「ドクター・ストレンジ」にソーが降臨

写真拡大

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオが贈る、ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作「ドクター・ストレンジ」。6月2日に発売されるMovieNEXには盛りだくさんのボーナス映像が収録されているが、このたび、マーベル作品ではおなじみ、エンドロールの後に収められた“おまけシーン”におけるメイキング映像の一部が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=at2hq_yhbjQ)。

本作の“おまけシーン”では、ドクター・ストレンジと、あの“アベンジャーズ”のメンバーで神の国アスガルドからやってきた最強の戦士ソーによる会話シーンを収録。元々このシーンに台本はなかったと明かすのは、製作総指揮のスティーヴン・ブルサードだ。

本作の撮影後半で、11月3日に公開することが発表になったばかりのソーの次回作「マイティ・ソー バトルロイヤル」の脚本を読み、ドクター・ストレンジがマーベル・シネマティック・ユニバースに加わる瞬間だと思い、あの“おまけシーン”が生まれたのだと、その経緯を明かしている。

さらに、ブルサードが「2人は笑いのツボが同じなんだ」といい、ユーモアたっぷりの2人の共演は素晴らしいものだったと絶賛した。

シリアスな演技派俳優のベネディクト・カンバーバッチと、肉体派アクションスターのクリス・ヘムズワースによる夢のようなワンシーン。果たして、ドクター・ストレンジは今後アベンジャーズとどう関わっていくのか、ファンならずとも期待感は高まるばかりだ。

そんな“おまけシーン”の全貌は、すでに始まっているデジタル配信でも楽しむことができるが、さらにMovieNEXにはメイキング映像やインタビュー映像、未公開シーンなどボーナス映像をたっぷり収録。劇場のスクリーンでは絶対見ることができない、貴重なボーナス映像ばかりだ。

「ドクター・ストレンジ」MovieNEX(4,000円/税別)、およびMovieNEXプレミアムBOX(9,000円/税別)は6月2日発売。