FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦

写真拡大 (全4枚)

スクウェア・エニックスは、2017年2月より配信しているスマートフォン向けゲームアプリである「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA(ディシディア ファイナル ファンタジー オペラオムニア)」の新CM3篇を、2017年5月13日(土)より全国で順次放映開始する。

本CMでは女優の菜々緒さんがFINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に扮して撮影を実施。オールスター参戦に中々選ばれないライトニングの葛藤や苦悩を、菜々緒さんが演じていて、それぞれで喜怒哀楽のライトニングが演出されているユニークなCMに仕上がっている。

■CMストーリー
今回のCMは、FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」が、DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIAへ参戦するまでの苦節を表現した3篇の作品になっている。

主役のライトニングを演じたのは、多くのCMやドラマで活躍している女優の菜々緒さん。1篇目の「選ばれなかったライトニング 部屋篇」では、FINAL FANTASY歴代キャラクターのオールスターが参戦することを耳にした菜々緒さんが、自分が呼ばれていないことに気がついて苦情の電話をかけるところから始まる。

しかし、いくら電話口の担当者に理由を聞いても明確な答えは返ってこない。納得がいかず、とうとう堪忍袋の緒が切れた菜々緒さんが、間髪いれずにどんどん電話口の担当者を詰めるという緊迫感を演じる内容になっている。

2篇目の「選ばれなかったライトニング ジム篇」では、参戦を視野にスポーツジムでトレーニングしている菜々緒さんの横で、先に参戦が決定したことを菜々緒さんに伝えたのは、FINAL FANTASY VIIのヴィンセント。ニヤニヤと菜々緒さんを挑発した結果、納得のいかない菜々緒さんが、ヴィンセントに対してずっと文句を言い続ける。最後はヴィンセントに詰め寄るシーンも。結局、ここでもまだライトニングの参戦は決まらない。

3篇目の「選ばれなかったライトニング 会議篇」で、ようやく参戦が決まったことをゲームの担当者から伝えられる菜々緒さん。しかし、突き付けられた条件に対してまたも納得がいかず、怒った菜々緒さんは担当者へ詰め寄ることに。結局、何一つ納得できないまま参戦が進んでしまったことに対して、ライトニングの気持ちを存分に込めた菜々緒さんの熱い演技が、全面に表現された内容となっている。



■スクウェア・エニックス

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)
・料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
・劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
・語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
・超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!