【詳細】映画『夜明け告げるルーのうた』特報はこちら

映画『夜明け告げるルーのうた』が、5月19日に公開される。

星野 源が主人公の声優を務めたことでも大きな話題となった『夜は短し歩けよ乙女』に続く、湯浅政明監督最新作『夜明け告げるルーのうた』。

本作は、寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)を舞台に、心を閉ざした中学生の少年・カイ(下田翔大)が、人魚の少女・ルー(谷花音)との出会いと交流を通して、本当の気持ちを伝えることの大切さを教えてくれる、青春ストーリー。

6月にフランスで開催される『アヌシー・アニメーション国際映画祭』の長編部門にもノミネートが決まるなど、国内外からの注目が集まっている。

「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えてますか」という湯浅監督が抱いた疑問から始まった本作。“本当の気持ちを伝えることの大切さ”という作品のテーマが、斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」の世界にぴったりということで、主題歌に抜擢された。

劇中でも、主人公カイが「歌うたいのバラッド」を熱唱し、自分の気持ちを歌に乗せて叫び、本心を吐露していくというシーンが大きな見どころとなっている。

そしてこのたび、斉藤和義から本作へのコメントが到着した。

前売券は、全国の上映劇場の窓口にて発売中。本当の気持ちを伝えることの大切さ、という作品のテーマにちなみ、前売券の劇場購入特典は、人魚の少女ルーから吹き出しが飛び出した“思いを伝える”付箋となる。

斉藤和義 コメント

「歌うたいのバラッド」は、曲が出来てから詞がつくまでに本当に時間がかかった作品です。でも曲が持っている雰囲気に呼ばれるように、1行目が書けると、あとはすっと詞が出てきました。

テーマソング起用の話をいただいたときは、本当にいいのかな(笑)と、不思議な気持ちになったのですが、映画を観ると、作中で何度もこの曲を使っていただいていて、もしかしたら監督の中でなにか、曲に呼ばれるように出てきた部分があるのかな。



映画情報



『夜明け告げるルーのうた』

5月19日(金)全国ロードショー

監督:湯浅政明

脚本:吉田玲子 湯浅政明

音楽:村松崇継

主題歌:「歌うたいのバラッド」斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)

キャスト:谷花音 下田翔大 篠原信一 柄本明 斉藤壮馬 寿美菜子 大悟(千鳥) ノブ(千鳥)

制作:フジテレビジョン 東宝 サイエンスSARU BSフジ

配給:東宝映像事業部

(C)2017ルー製作委員会

映画『夜は短し歩けよ乙女』作品サイト

http://kurokaminootome.com/

映画『夜明け告げるルーのうた』作品サイト

http://lunouta.com/