写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●1兆円は「通過点にすぎない」
5月10日、ソフトバンクは2017年度3月期の決算説明会を開催した。日本企業としてはトヨタに次いで2例目となる営業利益1兆円を達成したソフトバンクだが、これは単なる通過点にすぎないと豪語する孫正義社長が描く将来図とはどのようなものだろうか。

○十数年越しにかなった大風呂敷の夢

孫正義社長は、平成29年3月期の連結決算で、最終利益が前期比約3倍の1兆4,263億円、儲けを表す営業利益が1兆259億円を超えたことを明らかにした。孫社長は十数年前の決算発表の際に「これは大ボラなので100%ディスカウントして聞いて欲しいが、将来必ず1兆円、2兆円という利益を出す規模の会社にしてみせる」と宣言したことを取り上げ、その宣言がついに現実のものになったことを明らかにした。

こうした好調の原因として、孫社長は、グループ傘下にある米国の通信会社・スプリントが赤字から経営を立て直し、黒字化して成長エンジンとなってきたことを挙げた。また、ソフトバンクといえば多額の借金経営がよく知られているが、確かに借金の額は増えているものの、同時にグループが保有する株価資産の総額はそれを大きく上回るものであること、財務状況としてもフリーキャッシュフローが5,618億円に達したことなどを挙げ、成長企業においては借金の多寡よりもフリーキャッシュフローの数値を見るべきであると指摘した。

日本企業において純利益が1兆円を超えるのは3例目。営業利益としてはトヨタ自動車に次いで2例目であり、創業からの年数36年というのはそれらの大企業と比べてもはるかに短い、大偉業といえるものだ。しかし孫社長としては、1兆円を超えても不思議と感慨深いものがないという。それは1兆円の突破が達成点ではなく、単なる通過点にすぎない、もっと上を目指せるものだという実感が湧いているからだという。大事なのは1兆円を超えたことではなく、今後どこに行こうとしているのか、何をしようとしているか、という考え方のほうだという。

●ソフトバンクは金の卵を産むガチョウ
孫社長は2014年11月の決算発表から、ソフトバンクの経営を表す際にイソップ寓話の「金の卵を産むガチョウ」を使って説明してきた。この寓話は、毎日1つの金の卵を産むガチョウを手に入れた男が、1日1個では我慢できずにガチョウの腹を割いてみたが金の卵は入っておらず、ガチョウも失ってしまった、という話。欲に目がくらんで全てを失うことの愚かさと、資源を大事にすれば長期的に大きな利益を得ることができる、という教訓を物語っている。

孫社長はおそらくこの図を、投資について即座に結果(=利益)を求める声に対しての反論として使っているのだろう。思えば2014年当時も、インドへの投資を説明するにあたり、2030年代にはインド市場が米国市場を上回るという予想を見せ、かつて中国のアリババへの投資が約4,000倍にもなったことを挙げて、長期投資への理解を求めていた。

今回の決算説明会ではガチョウの図を示しただけでなく、ガチョウが産んでいる金の卵が、企業価値から純有利子負債を引いた株主価値であると示してみせた。借金(純有利子負債)は2兆円増えたが、これを餌にしてガチョウは去年より5兆円多い卵を産んでみせたではないか、ということだ。

ただし、ソフトバンクそのものがガチョウに餌を与えるのは終わりにして、もっと大規模な買収や投資も可能にしていくための仕組みとして準備したのが、今年設立されたソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)だ。これはサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンドらと設立した10兆円規模のファンドであり、ARMやインドのECサイトであるスナップディール、インテルサット/ワンウェブといった衛星通信事業などを投資対象とするとされている。ソフトバンクは今後、買収や提携はNo.1同士が行い、No.1であるメリットを生かした戦略を立てていくと宣言しており、その原資としてSVFを積極的に活用していくと見られる。

●ARMとスプリントがシナジーを生む
今回の決算説明会では、黒字化した米スプリントと、一昨年買収した英ARMホールディングスへの言及が非常に大きかった。特に後者は孫社長曰く10年越しの念願が叶ったということで、喜びもひとしおなのだろう。ではなぜARMなのだろうか。

ARMのプロセッサーは、今やスマートフォンの90%以上に搭載されている。2016年の出荷個数は177億個で、1991年の創業から2017年までの累計は1,000億個を達成する見通しだ。さらに今後は、IoT機器にARMチップが採用されることで、2021年に出荷個数が累計2,000億個に達するとみられている。年間の出荷個数も平均で250億個となる計算だ。

また、先日ARMが発表した新アーキテクチャ「ARM DYNAMIQ」は、AI関連の処理が大幅に高速化したもの。AIの世界においてもARMの影響力は増していくだろう。サーバー部門への採用も現れ始めている。そして、この一見関係なさそうな2社(ARMとスプリント)の関係が、ひとつの大きな成果となって現れることが発表された。

米スプリントは、米国においてLTE/TDD用に2.5GHz帯の帯域を120MHzも割り当てられている (参考までに、NTTドコモの割り当て周波数帯は700MHz〜3.5GHzまでの全帯域合計で200MHz、個別の帯域は40MHz前後)。この帯域はいわゆるプラチナバンドと比べると屋内に電波が届きにくいのだが、「HPUE」という技術を適用することで、より長距離まで通信できるようになった。また、大規模なアンテナを立てるのではなく小さな基地局を多数都市内に配置していく必要性があるのだが、こうした小型基地局の運用は、ソフトバンク傘下のウィルコム(現Y!mobile)時代にPHSなどで運用実績やノウハウを積み重ねている。

2.5GHz帯はHPUE込みで将来の5Gサービスにおいても利用されることが決まっており、スプリント(ソフトバンク)はLTEモデムを含んだスマートフォン用チップで大きなシェアを持つQualcommと共同で、世界に先駆けて2019年に、2.5GHZ帯を使った5Gサービスを提供することで同意したのだ。もしスプリントが持つ120MHzをすべて利用できれば、1Gbps級のサービスが実現することになる。

Qualcommは同社のSoCのコアにARMを採用しており、ソフトバンクやスプリントはARMを仲立ちとしてQualcommへの強力な窓口を手に入れることができた。そしてネットワークの質・技術の低さが問題視されていたスプリントが誰よりも早く5Gサービスを提供できるようになったのは、ARMのおかげというわけだ。

上記はほんの一例だが、ARMを手にしたことで得られるシナジー効果はこれほどまでに大きなものになる。孫社長が興奮するのもわかるというものだろう。そして前述したSVFのような大規模ファンドを後ろ盾にしたとき、その効果はさらに高まることになる。金の卵がゴロゴロと生まれ出す「真のゴールドラッシュはこれから到来する」という孫社長の言葉が大きな説得力を持ってくるのではないだろうか。今後の同社の提携や買収先がどうなるのか、数年先を予測しながら注視していきたい。

(海老原昭)