スマホと連携できるラジオを採用

「冒険の旅に出る」をテーマとしている、ルノーのコンパクトクロスオーバーSUV「キャプチャー」に2台の特別仕様車が用意された。

高級感のあるレザーシートなどを採用する「キャプチャー プレミアム」は税込み266万円、スマートフォン用ルノー専用アプリ「R&Go」対応ラジオを装備した「キャプチャー エクスプレッション」は税込み254万円で発売される。

乗り込むと車格が一つ上だと感じられるほど上品に仕立てられている「キャプチャー プレミアム」は、常に触れる部分であるハンドルにレザーを採用した。また、これまで樹脂製だったパーキングブレーキレバーもレザーとなり高級感を演出。さらに車載ラジオがスマートフォンアプリに対応したことで、自分の好きな音楽を聴きながら走行することができる。

もう1台の「キャプチャー エクスプレッション」は、体を優しく包み込むようなルノーらしいファブリックシートを採用。もともとベース車両はラジオが搭載されていないが、こちらも車載ラジオとスマートフォンアプリを連携させ、ナビやオーディオを使用することが可能だ。

ルノー車の特徴のひとつは多彩なボディカラーだ。この特別仕様車「キャプチャー プレミアム」も、イヴォワール+ノワール、エトワールメタリック、オランジュ ルシヨン メタリック+イヴォワール、カプチーノ メタリック+イヴォワール、ルージュフラム メタリック+ノワール エトワール メタリック、ブルー マリン フュメというセンス溢れる5色が設定されている。

「キャプチャー エクスプレッション」はイヴォワール+ノワール、エトワール メタリック、オランジュ ルシヨン メタリック+イヴォワール、ブルー マリン フュメの3色から選ぶことが可能だ。なおツートーンの場合は税込み3万2400円高という設定。

【画像ギャラリー】