写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは5月10日、シンガポール国立大学と共同で研究開発を行い、世界最高水準の顔照合技術を開発したと発表した。

同技術は、ディープラーニングと呼ばれる機械学習手法と誤りを抑制する類似度計算手法を組み合わせた独自のアルゴリズム。人間の目でも判別が困難な左右90度近い横向き、照明の明暗が強い屋外環境、サングラス・マスク装着時など顔の一部が隠れているような状態でも顔照合を行うことができる。

また、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が公開している、映像セキュリティ市場で撮影され得るあらゆる条件を網羅したベンチマークデータセットにおいて、同技術は高水準での顔照合性能を実現したとしている。

同技術を活用したシステムでは、監視カメラに写った要注意人物(指名手配犯や万引き常習犯)を自動で検知してアラームを鳴らし、警備員の監視業務負荷を軽減することなどが可能になるという。

同社はこの技術を商用化、映像セキュリティ・本人確認ソリューションへ展開し、公共施設の監視、入場管理・出入国管理などさまざまなシーンにおいて活用していくとしている。

(辻)