朴槿恵とは父親の時代からの因縁を持つ文氏

写真拡大

 若い学生からベビーカーを押した母親、杖をついた老夫婦まで、彼が町を歩けば老若男女が殺到する。

「さながら韓流スターです。選挙戦を通じて、一強体制はほぼ揺るぎません」(韓国の全国紙記者)

 9日、韓国で大統領選が行われ、最大野党『共に民主党』の文在寅氏(64才)が当選した。北朝鮮への融和政策を掲げ、「米国にも言うべきことは言う」という文氏の姿勢に、トランプ米大統領が早くも警戒しているといわれているが、彼の存在に最も肝を冷やしているのが日本の首相官邸だ。弱者救済を掲げて青年期より権力と闘ってきた文氏は、筋金入りの「反日」だからだ。

 文氏は1953年1月、韓国南部の巨済島に生まれた。両親は朝鮮戦争中に戦火を逃れて北朝鮮から韓国にやってきた避難民だった。幼少時は貧しく、トウモロコシのおかゆで飢えをしのいだ。月謝が払えずに授業の途中で教室から追い出されたこともあったという。

 名門・慶煕大学に進学後は、朴槿恵前大統領(65才)の父親である朴正煕政権に対する民主化闘争に明け暮れ、反政府デモを主導して逮捕・投獄されている。

「デモ中に催涙ガスを浴びて失神したこともあるほど、激しい権力闘争を繰り広げてきました。ちなみに失神した際に彼を看病した女性が、今の夫人です。卒業後は人権派弁護士として活動し、政治の師と仰ぐ盧武鉉政権では大統領秘書室長を歴任して、彼の右腕として働きました。当時は激務のあまり歯が10本抜けたといわれていますが、その分、大統領の覚えはめでたかった」(前出・韓国の全国紙記者)

 2012年4月の国会議員選挙で初当選し、その年12月の大統領選に出馬して有権者の48%もの票を集めたが、51%を得票した朴槿恵に惜敗した。

 朝鮮半島情勢に詳しい、『デイリーNKジャパン』の高英起編集長は、文氏にとって朴槿恵は「特別な存在だった」と指摘する。

「文氏は朴正煕に民主化運動を弾圧され、その娘である朴槿恵には大統領選で苦杯をなめさせられた。彼にとって朴槿恵はあらゆる面で相反する“政敵”であり、積年の思いを抱いていたはずです」

 昨年、朴槿恵のスキャンダルが発覚した際、「弾劾訴追が棄却されれば革命しかない」として朴槿恵の弾劾裁判と退陣を最も強く訴えたのは文氏だった。朴槿恵一族にとって、彼は天敵にも等しい存在だと言える。

※女性セブン2017年5月25日号