写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは5月11日、2017年夏モデルとして5.0インチのAndroidスマートフォン「AQUOS ea」(シャープ製)を発表した。省電力性に優れたIGZO液晶と大容量バッテリーの組み合わせにより、長時間の電池持ちを実現している。価格は未定だが、実質負担額はMNP、新規、機種変更のいずれも1万円台となる見込み。

AQUOS eaは、5.0インチHDのIGZO液晶ディスプレイ(1,280×720ピクセル)を採用、約135gと軽量ながら3,010mAhの大容量バッテリーを搭載している。端末の一部機能を制限して電池の消費を抑える「長エネスイッチ」も搭載し、充電を気にすることなく長時間利用することができるという。

約1,310万画素のメインカメラは、撮影したい好みのモードを選んで撮影できる「おすすめプラス」や、動画から静止画を切り出せる「あとからキャプチャー」に対応。インカメラ(約500万画素)は広角カメラを採用し、背景を広くおさめた自撮り写真が楽しめる。

また、ユーザーの行動や習慣から学習してToDoを提案してくれる「エモパー6.0」や、生活リズムに合わせて自動で目に優しい明るさに調整する「リラックスオート」などの役立つ機能を多数搭載している。

CPUにはオクタコアのMSM8952を採用し、内蔵メモリは2GB、ストレージは16GB。本体カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色。

主な仕様については以下の通り。

・OS: Android 7.0
・CPU: MSM8952 (オクタコア、1.5GHz×4+1.2GHz×4)
・内蔵メモリ: 2GB
・ストレージ: 16GB
・外部ストレージ: microSDXC (最大256GB)
・サイズ: W71×H142×D8.8mm
・重量: 約135g
・ディスプレイ: 5.0インチHD IGZO液晶ディスプレイ
・ディスプレイ解像度: 1,280×720ピクセル
・メインカメラ: 約1,310万画素
・サブカメラ: 約500万画素
・バッテリー容量: 3,010mAh
・最大通信速度: 下り最大187.5Mbps/上り最大37.5bps
・Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n
・Bluetooth: 4.2
・インタフェース: USB Type-C×1
・防水防塵: IPX5/8、IP5X
・カラー: ホワイト、ブラック、ピンク

(朝岳健二)