SUPER JUNIOR ヒチョル、大統領選挙で誰に投票したかがバレて大ピンチに!?

写真拡大

SUPER JUNIORのヒチョルが、韓国の大統領選挙事前投票に関するビハインドストーリーを公開した。

ヒチョルは先日行われたSBS「ゲームショー遊戯楽楽」ライブ放送中に、4日と5日に行われた第19代大統領選挙事前投票当時、自身が選んだ候補が公開されてしまったエピソードを伝えた。

ヒチョルは事前投票参加当時、投票用紙を半分に折って投票箱に入れる過程で取材陣に写真を撮られた。その写真では投票用紙が透けて見え、ヒチョルがどの候補に投票したかを推測することができた。

これに関して、ホン・ジノが「事前投票したのはよく見た。全部透けて見えていた」と話し、ヒチョルは「5年間番組を休むところだった。昨日、イベントのため香港に行ったけれど、その間ドキドキしてた。『遊戯楽楽』で僕を見られなくなるところだったよ」と冗談を言った。これは、特定の候補を支持したという理由だけで、文化界ブラックリストに上がった以前の政権の状況に対してコメントしたもの。

そして「事前投票の時に、やっぱり僕が誰に投票したか明らかになっちゃって。『知ってるお兄さん』を収録している時に連絡が来た。グループトークルームがもう大騒ぎだった」とエピソードを語った。しかしI.O.I出身のキム・ソヘには「投票は必ずしなければならない。誰に投票しようとそれは自由だけど、その代わり投票は絶対にするように。無効票でも投票はしなければならないよ」と強調した。