週刊誌の"病院ランキング"は意外に役立つ

写真拡大

■考慮すべきは「リーダーの実力」と「病院の資金力」

前回(http://president.jp/articles/-/21994)、首都圏の医療が崩壊の瀬戸際にあることを解説した。医療提供体制は急には変わらないし、我が国の財政状況を鑑みれば、公的医療費の伸びは抑制される。政府に提言しても、すぐに問題が解決するとは思えない。患者はどうすればいいのだろう。

まずは、しっかりした病院を選ぶことだ。その際に考慮すべきは、「リーダーの実力」と「病院の資金力」だ。

命にかかわる病気で優秀な医師を探す場合、その医師の上司に当たる院長や教授の人柄や普段からの活動ぶりを調べるようにお奨めしたい。そして、「副業三昧の教授や院長が仕切るところは避けるように」と助言したい。

この場合、副業に含まれるのは、他の医療機関での診療や製薬企業の講演会だけではない。学会活動や審議会など政府の委員会の仕事も含む。「学会や審議会に参加している先生も避けたほうがいい」と言われると怪訝な顔をされる方もいる。ただ、このような仕事は、基本的に名誉職だ。現業である院長や教授職をほったらかしにして、トップが名誉職にうつつを抜かしている組織は避けたほうがいい。

「病院の資金力」は「リーダーの実力」以上に重要だ。世間では「利益を上げている病院は患者の治療よりも金儲けに熱心で患者本位でない」と言われることがあるが、これは病院経営に関する限りは、全くの見当違いだ。

開業医のように医師が一人で経営できる施設は兎も角、ある程度の規模の病院になると、不正をして金儲けをしても、たかがしれている。医師、看護師、薬剤師などの専門スタッフだけでなく、大勢の事務職員も勤務しているため、必ず不正が露見し、内部告発される。

スタッフの技量向上や医療機器に投資しないと、治療成績は向上しないし、最悪の場合、医療事故を起こす。こうなると病院の評判はがた落ちで、民事訴訟や刑事事件に発展する可能性すらある。高収益を誇る病院には、多くの患者が受診し、きちんと治療していると考えたほうがいい。

■「病院ランキング」は真剣勝負の結果

ただ、医師や看護師の知人でもいない限り、院長の実力や病院の経営状態はわかりにくい。大学病院などは財務状況を公開しているが、これも専門家でなければ、理解できないだろう。では、多くの患者はどうすればいいのだろうか。

私がお奨めするのは、「患者数ランキング」の記事だ。新聞や週刊誌は「心臓手術の多い病院トップ100」のような記事をしばしば掲載する。私は、このデータは病院選びの上で参考になると思う。なぜなら、医師同士の真剣勝負の結果を表しているからだ。

心臓手術であれ、がんの治療であれ、専門病院にくる患者の多くは地元の病院や開業医からの紹介だ。つまり、開業医や地元の医師が推薦した病院を受診しているのだ。

紹介元の医師にとって、どの病院を紹介するかは極めて重要である。患者は自分の「顧客」であり、低レベルの病院を紹介したら、自分の患者が不利益を蒙るからだ。こういう評判は地元ですぐに拡がる。逆に、トップ病院に紹介できれば、それだけで病院の評判はあがる。

つまり、紹介元の医師は患者の紹介を通じて、専門病院のレベルを評価しているのだ。その要約が患者数ランキングである。これは真剣勝負の結果だから、他の記事と比べて遙かに信頼性が高い。

患者から「どの病院のレベルが高いか」と聞かれたら、私は「マスコミの患者数ランキングを参考にするように」とアドバイスすることにしている。これまで、大きな外れはなかったと思う。その証拠に、首都圏に限れば、癌や心臓病のトップには専門病院の名前がずらりと並び、大学病院など総合病院は後塵を拝している。

■知識や腕前で「かかりつけ医」を選ぶな

最後にかかりつけ医の選び方を解説しよう。かかりつけ医に期待するのは、普段から健康状態を相談し、大病をした時には適切な専門医に紹介して貰うことだ。専門医とは対照的に、幅広い知識とネットワークが必要になる。

どうすれば、いいかかりつけ医に出会えるだろう。私が重視するのは、医学的知識の多寡や医者としての腕ではない。高血圧や糖尿病などの一般的な管理は、普通の医師であれば、少し勉強すればできる。最新の情報をキャッチアップするのも、そんなに難しくない。

むしろ、重要なのは、何か問題が起こったときの対応能力だ。状況を適切に判断し、適当な専門医に紹介する実力だ。主治医には「エージェント」としての役割が求められるが、この能力には大きな個人差がある。

では、主治医には、どのような能力が求められるだろうか。重要なことは3つだ。柔軟に考えること、コミュニケーション力、IT機器を使いこなすことである。

柔軟に考えることは、主治医にとして極めて重要な素養だ。主治医は患者のエージェントだ。自分の価値観を押しつけず、患者の希望に沿って対応しなければならない。

エビデンスに基づく医療(Evidence-based Medicine)が全盛の昨今、患者の価値観よりも、エビデンスを優先する医師が珍しくない。柔軟に考えることは、皆さんが想像するよりもずっと難しい。

2つ目のポイントはコミュニケーション力だ。これは、多くの場合、広い人脈をもち社交的であることと同義だ。急病になったときに、いい病院に入院出来るか、救急車の中でたらい回しされるかは、主治医のコミュニケーション力に依存する部分が多い。社交性がない医師はかかりつけ医には向かない。

■LINEを使わない医師は避けよ

最後に、私が医師選びで重視するのはICTを使うか否かだ。つまり、携帯電話やメール、フェイスブックやLINEなどのソーシャルメディアを、どの程度活用するかだ。ICTを使いこなしている医師は、何かあったときに容易にコンタクトできる。

これは単にIT機器を使うという意味だけではない。主治医と患者で携帯電話番号やメールアドレスを交換し合うだけの信頼関係を構築できるか否か、つまりコミュニケーション力と関係する。

私自身、自分がフォローしている患者には、必要だと判断すれば携帯電話やメールアドレスをお伝えする。また、親しくなった人の中にはフェイスブックで繋がった人もいる。

医師と患者はコミュニケーションを重ねて、信頼関係を築いていく。私は、主治医としての適格性を評価するときには、コミュニケーション力に加え、ICTを活用出来るか否かを評価のポイントとしている。

今後、首都圏の医療は急速に崩壊する。厚労省は「世界に冠たる国民皆保険」と言い続けるだろうが、医療サービスの提供量が不足し、誰もが希望する医療を受けることはできなくなる。おそらく、コネが幅を効かすことになるだろう。

そこで生き残るには、情報を集め、現状を冷静に分析し、自分の頭で考えることだ。拙著『病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日』がお役に立てれば幸いである。

----------

上 昌広(かみ・まさひろ)
医学博士。1968年兵庫県生まれ。1993年東京大学医学部医学科卒業、1999年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。虎の門病院血液科医員、国立がんセンター中央病院薬物療法部医員、東京大学医科学研究所特任教授など歴任。2016年4月より特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所を立ち上げ、理事長に就任。医療関係者など約5万人が講読するメールマガジン「MRIC」編集長。

----------

(医療ガバナンス研究所 理事長 上 昌広)