飛行展示のイメージ

零戦里帰りプロジェクトやレッドブル・エアレース・千葉2017は、世界に4機しか現存しない「零式艦上戦闘機」(ゼロ戦・零戦)を「レッドブル・エアレース千葉2017」(6月3・4日千葉県立幕張海浜公園)で展示飛行させると発表した。

 

本イベントは、「日本の物作りの原点」とも言えるゼロ戦を飛行させることで、環境が大きく変化する日本において“初心に帰る”ことを目指す、零戦里帰りプロジェクトの一環。

 

70年ぶりに東京湾の空を舞うゼロ戦は、三菱重工業が1942年に製造した零式艦上戦闘機二二型で、南太平洋のパプアニューギニアに落ちていた残骸から復元されたもの。

美しい機体

ゼロ戦による海上パフォーマンスは、「レッドブル・エアレース千葉2017」のチケットを購入し、観覧エリア(海側)に入ることで観覧できる。

© 零戦里帰りプロジェクト All Rights Reserved.

特設ページ

URL:http://rbar.jp/event/zerosen.html

2017/05/11