罰金60ポンドを全て硬貨で支払った父親(出典:http://www.mirror.co.uk)

写真拡大

我が子に学校を欠席させて旅行に連れて行く親が多いイギリスでは、正当な理由以外で子供の学校を欠席させた場合に罰金が科せられる。このほど学校の許可を得ずに息子を休ませて旅行に連れて行った父親が、60ポンド(約8,700円)の罰金を全てペニー硬貨で支払った。英紙『Mirror』など複数メディアが伝えている。

ウェールズ南部のスウォンジーで運送会社を経営するパディ・フォーブスさん(49歳)は今年2月の1週間、息子トミー・リー君(6歳)を連れて妻のケリーさん(31歳)や親族らとエジプトへ旅行した。

パディさんはトミー君の学校に旅行のことを伝えてあったものの、校長からの許可を得ることはできなかった。そのため罰金は免れず、4月28日に市民会館へ罰金60ポンドの支払いに出向いた。

ところがパディさんが支払ったのは、バケツいっぱいに入れられたペニー硬貨60ポンド分だった。その様子はパディさんの友人が動画に収めているが、会館スタッフに「罰金の支払いに来ました」と伝え、カウンターでバケツをひっくり返してペニー硬貨で支払うパディさんの姿が捉えられている。

「ちゃんと60ポンド支払いましたよ。別に支払い方法を指定されたわけでもないから、郵便局でペニー硬貨を60ポンド分揃えて支払ったんです。会館スタッフに個人的に恨みがあるわけではないですし、罰金制度は彼女らのせいではないことはわかっています。でも政府に対しては、こんな規則を学校に設けて自分たちのような労働階級の市民からこういうやり方で罰するのはバカバカしいという思いはあります。子供のことを考え設定された規則と言いますが、単に市民から金を搾り取っているだけに過ぎませんよ」と、パディさんは不満を露わにする。

パディさん曰く「長期休暇の間に旅行に連れて行く余裕などない」とのことだが、確かにその期間は交通費や宿泊費全てが値上がりする。イギリスの親たちは、高い旅行代を払うか、それとも罰金を払って平日に子供を旅行へ連れて行くかという選択を強いられることになる。しかし罰金を払ってでも子供を旅行に連れて行く親はあとを絶たず、パディさん一家もその葛藤の末、子供を長期休暇の期間以外に旅行させることを決意したという。

「エジプトのような場所へはもう二度と行けるチャンスがないかも知れないと思ったんです。息子はとても楽しんでいました。だいたい、世界のことを学ぶのに教室に座っているよりも現地へ行った方がいいに決まってるでしょう。息子が1週間エジプトで学んだことはとても多かったと言えますよ。」

そう語るパディさんだが、実はこのペニー硬貨での支払いは違法になる。英国王立造幣局によると、法律上では1ペニーと2ペニー硬貨の支払いは20ペンス(約29円)までとされている。違法行為のため再び市民会館から連絡があるだろうことは、パディさんも承知の上だ。それでも忌々しい罰金制度にちょっとした“リベンジ”をしたかったようだ。なおパディさんの違法行為に対して、どのような処罰がなされるのかは今のところ明らかになっていない。

イギリスでは2013年9月に法改正がなされ、病気や親族の葬儀など特別な理由を除き子供の学校を欠席させる場合は学校長の許可を得なければならず、違反すると地方議会から子供1人あたり60ポンドの罰金が科せられる。21日以内に支払われなければ120ポンド(約17,400円)に増額され、未払いが28日を超えると裁判所への出頭が求められ、有罪判決となれば2,500ポンド(約36万円)の罰金額が科せられることもある。

なお2015年4月に、当時7歳だった娘を休暇期間外に米フロリダ州のディズニーワールドへ連れて行ったワイト島在住の夫婦が60ポンドの罰金支払いを拒否し2年の裁判を続けていたが、このほど勝訴とはならず裁判は終結した。夫妻には罰金額をはるかに上回る12,000ポンド(約174万円)の裁判費用がかかったとされている。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)