夏川りみ、7月に8度目の台湾公演  台湾グルメを頬張り「おいしい」

写真拡大 (全2枚)

(台北 11日 中央社)歌手の夏川りみが9日、今年7月に行う台湾公演のPRのため、台北市内で記者会見を開いた。「台湾は大好きな場所」だと話し、「また台湾でコンサートできることが本当にすごくすごくうれしい」と笑顔を見せた。会見の終盤には、主催者側から贈られた台湾グルメ「刈包」を口にして「おいしい」と喜んだ。

これまで台湾公演の際には中国語や台湾語による曲目を2〜3曲準備していたという夏川。今回はより多くの曲を準備しており、新曲も披露する予定だと明かした。夏川がこれまで何度も共演しているという琉球伝統歌舞集団「琉神」を招いての演目も予定しており、息の合ったパフォーマンスをぜひ見てもらいたいとアピールした。

母の日が近づいているのを受け、夏川は自費で20万台湾元(約75万円)をはたいてチケット50枚を購入し、ボランティア消防隊の女性たちへプレゼントした。

台湾公演は7月1、2日に台北国際会議センターで行われる。2006年以来、8度目の公演。

(王靖怡/編集:楊千慧)