田宮昌行氏の訃報に模型ファンから悲しみの声(画像はタミヤ公式ホームページ)

写真拡大

「ミニ四駆」などで知られる模型メーカー・タミヤ(静岡市)の田宮昌行(たみや・まさゆき)社長が、2017年5月1日に病気のため死去した。同社担当者によると、59歳だった。死因は非公表という。

静岡市出身。銀行勤務を経て1988年にタミヤ入社。2008年に代表取締役社長へ就任。同社をトップメーカーへ押し上げた前社長の田宮俊作氏(現・会長)からバトンを受け継ぎ、プラモデルの海外展開などに尽力した。

模型ファンから追悼の声相次ぐ

昌行氏は、俊作会長の娘婿にあたる。2008年に社長へ就任する以前から、プラモデルの生産拠点があるフィリピンの子会社社長を務めるなど、海外事業との関わりが強かった。実際、社長就任を伝えた静岡新聞(08年5月15日記事)の報道によれば、昌行氏は就任にあたっての抱負として、

「プラモデルや無線操縦の格好良さを静岡から世界に向けて発信し、模型を作る機会を提供していきたい」

と同紙に話していた。

J-CASTニュースの17年5月11日の取材に応じたタミヤの担当者によれば、死因は非公表。5月5日に近親者で葬儀を行った。また、俊作会長が委員長を務める「お別れの会」を6月5日に静岡市内のホテルで開く。

後任の人事について担当者は、

「まだお話しできる段階ではありません」

と話した。

5月11日付の日経新聞朝刊に「お別れの会」開催を伝える広告が掲載されたことなどから、すでに昌行氏の訃報は模型ファンらに知られており、ツイッターやネット掲示板には、

「タミヤの社長亡くなられたのか...まだお若いのに...」「いつも、模型材では、お世話になっておりました。ご冥福をお祈りいたします...」「義父の会長から、タミヤの社長という役職を受け継ぎ、これからの模型界を牽引していく人だったのに。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」

といった追悼の声が数多く出ている。