写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは5月11日、AMD Radeon RX 550を搭載したグラフィックスカード「RX550-2G」を日本国内向けに販売すると発表した。5月12日に発売し、店頭予想価格は税込12,500円前後。

防塵規格のIP5Xに対応した冷却ファンを搭載。ホコリが集まりやすいPCケース内でも長時間にわたって使用できるという。また、コイル鳴きを抑えたチョークコイルの「Super Alloy Power II Choke」など、ASUSが独自にカスタマイズした高耐久コンポーネントを採用する。

主な仕様は、SP数が512基、コアクロックが最大1,183MHz、メモリが128bit接続のGDDR5 2GB、メモリクロックが7Gbps、PCとの接続インタフェースがPCI Express x16、補助電源はなし、出力インタフェースがHDMI×1、DisplayPort×1、DVI-D×1。本体サイズがW183×D112×H43mm。

リアルタイムでのハードウェアモニタリングとオーバークロックが行える「GPU Tweak II」に対応。ゲーム画面をリアルタイムでインターネット配信できる「XSplit Gamecaster」のPremiumライセンス(14日間)が付属する。