スーパーフォーミュラに参戦するドライバーの面々

写真拡大

富士スピードウェイは7月8日(土)・9日(日)の2日間、国内最速のフォーミュラカーレース「2017全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦」を開催する。予選は8日(土)、レース距離250kmの決勝は9日(日)。

2015年のスーパーフォーミュラのチャンピオン石浦宏明/P.MU/CERUMO · INGING

今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は、FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦している中嶋一貴、小林可夢偉、アンドレ・ロッテラー、国本雄資に加え、昨年のGP2チャンピオンで、F1チーム「レッドブルレーシング」のリザーブドライバーでもあるピエール・ガスリー(フランス)も参戦を果たすなど、例年以上の高いレベルで、日本一速い男の座をかけて熾烈なボトルを繰り広げている。

期間中は、場内イベントとして「Enjoy Honda 2017 富士スピードウェイ」と「TOYOTA GAZOO Racing PARK」を開催。「Enjoy Honda 2017 富士スピードウェイ」では、グランドスタンドに併設された「イベント広場」をメイン会場に、最新のHonda製品を見て、触れて、体感することができる「Honda製品の展示」のほか、F1マシン展示やMotoGPマシンの搭乗体験など、モータースポーツを体感できるコンテンツも用意する。

また、「TOYOTA GAZOO Racing PARK」では、TOYOTA GAZOO Racingとして各カテゴリー

に参戦するレーシングカーの展示や、参戦ドライバーによるトークショーなどが行われる予定だ。

期間中、併催するサポートレースとして、トップカテゴリーを目指す若手レーシングドライバーが競う「全日本フォーミュラ3選手権」の第12戦と第13戦、Hondaの軽自動車N-ONEのワンメイクレース「N-ONE OWNER'S CUP Rd.9」、フェラーリによるワンメイクレース「Ferrari Challenge Asia Pacific Series Rd.7・Rd.8」、「WAKO’S スーパーカートカップ 第5戦・富士シリーズ第3戦」が行われる。

前売観戦チケット(2日間通し券)は、5月11日(木)午前10時から全国のコンビニエンスストア、プレイガイド、富士スピードウェイ公式サイト内にて販売を開始。なお、保護者同伴に限り中学生以下の入場料は無料となる。また、パドックパスやパドックラウンジパスなど、レース観戦をより一層楽しめるチケットも同時に販売。

七夕の季節、富士の裾野で織姫の祝福を受けるのは誰か? 富士スピードウェイで最速の男を見に行ってはいかがだろう。【ウォーカープラス編集部】