豊洲市場問題などを抱える東京都で、「あらたな火種となりかねない事実が発覚」(「あさチャン!」ナレーション)したそうだ。

都は現在、全長35メートルの豪華巨大クルーザーを総額20億円かけて建造中だ。この船は、贅沢で豪華なセレブ御用達の造船会社として知られるイタリア「アジムット」製で、大会議室やダイニング、ラウンジなどを備える「メガヨット」だという。

「都民ファーストにふさわしいのでしょうか」(番組ナレーション)

五輪経費削減のかたわら入札

このクルーザー計画が持ち上がったのは舛添都知事時代。目的は「来賓の送迎」だったという。小池知事時代の昨年(2016年)12月に入札が行われた。知事が東京五輪の経費削減を発表した3日後だったそうだ。

都では、都民などが利用できる東京湾視察船「新東京丸」の老朽化に伴う代替船だと説明しているという。

「東京五輪や海外VIPに活用するが、都民の方の視察など、さまざまに利用いただく予定。贅沢や高級といった指摘はあたらない」(東京都港湾局担当者)

大阪市などは廃船に

一方、かつてクルーザーを所有していた大阪市、横浜市、神戸市などの自治体は船体の老朽化や維持費の高さ、燃料費の高騰などを理由に廃船にしたという。

「本当に必要な船なのかを考えなければいけない。入札が行われた昨年12月には、小池都政が十分に機能していた。どう知事が判断したのか、なぜこういう事業を進めるのか、都民に対して説明する責任がある」(龍崎孝・流通経済大教授)

豪華クルーザーは来年(2018年)12月、完成予定だそうだ。