「DigiMural」

株式会社フジテックスは、消臭機能付きのデジタルプリント壁紙用メディア「デジミューラル 消臭」を、2017年5月18日(木)に発売する。消臭成分が機能材コーティングに吸着され、カルボン酸やアミンと反応して無臭化を実現。最終的には酵素になって空気中に放出され、半永久的に消臭効果が持続する製品であることが紹介されている。デジタルプリント壁紙は、専用のプリンタでオリジナルのデザインや写真などを出力して壁紙にできるもの。日本国内でも、リノベーションやDIYブームによってニーズが高まっている。株式会社フジテックスでは、デジタルプリント壁紙用のメディアとして「DigiMural(デジミューラル)」をラインナップ。漆喰 / フラット / キャンバス / スタッコ / 平織といった種類があり、ここに追加されて新発売となるのが今回の「消臭」だ。ちなみに「DigiMural」からは、「フリース」の近日発売も予定されている。「DigiMural」は、940mm幅(種類によって一部は920mm幅)で50M巻の仕様。同社が指定する溶剤プリンタ / ラテックスプリンタでの出力により、F☆☆☆☆取得が可能だ。今回新たに発売される「デジミューラル 消臭」は、病院やクリニックなどでの活用も想定されている。株式会社フジテックス
URL:http://www.fjtex.co.jp/
2017/05/11