(株)ジュネビビアン(TSR企業コード:293394229、法人番号:1010401014134、港区麻布十番2−16−4、設立昭和61年8月、資本金9967万円、中島孝社長)は5月10日までに、事後処理を朝倉淳也弁護士(森の風法律事務所、中央区日本橋人形町1−9−2、電話03−6661−7420)に一任した。会社側では「弁護士に一任しているのは事実だが詳細は分からない。事業を継続できるかどうかを弁護士が精査して、今後の方針を決めると聞いている。結論が出るまで1カ月程度かかるかもしれない」と話している。
 負債は現在調査中。

 婦人用のカラーフォーマルドレスの専業メーカー。「ラ・デファンス(La Defence)」、「エクスキー(Exquis)」、「ジュネビビアン(Genet Vivian)」などのブランドを立ち上げ、主に若者やヤングミセスをターゲットとして百貨店や大手量販店で店舗を設置し、近年では、平成21年2月期には売上高20億5208万円を計上していた。
 しかし、最近ではフォーマルドレスの需要減少や安価品との競合、個人消費の低迷などで不採算店の撤退を進め業績が低迷、28年2月期の売上高は11億4582万円にまで落ち込み、採算性も低下していた。