「大人の恋愛」の定義は“お互いに〇〇すぎない”…あなたはできてる?

写真拡大

そろそろ「子どもの恋愛」は卒業して「大人の恋愛」がしたい!なんて思ったこと、誰にでもあるのではないでしょうか?

でも、「大人の恋愛」ってどんな恋愛?いったいどうすれば「大人の恋愛」ができるのでしょう?
考えてもらちが明かないので、一般の男性・女性にリサーチしてみました!

■「大人の恋愛」の定義とは?


ちょっと乱暴かも、と思いつつ、「あなたが考える『大人の恋愛』の定義は何ですか?」という漠然とした質問を投げかけてみたところ、こんな答えが!

【自立した関係】



・「尊敬し合える関係。寄りかからない関係」(30代 女性)

・「相手に依存しすぎず、独りの時間や自分を成長させることにも時間と気持ちをかけることを、お互いが理解し合っている」(40代 女性)

【距離感を大切にする】



・「お互いにとって心地よい距離感を保ったまま、つかず離れずを繰り返す関係」(40代・男性)

・「相手を干渉しすぎない」(20代・女性)

【相手を尊重する】



・「お互いを尊重し、相手の自由を大切にする」(30代・女性)

・「双方が相手の大事な人たちを傷つけない恋愛」(40代・女性)

回答の大半はこんな感じでした。ざっくりまとめると「お互いに依存せず、信頼・尊敬し合える関係」といったところでしょうか。
他に気になったのは

・「昔のことは詮索しない」(40代・男性)

何があったの?と、ちょっと心配になるコメントですが…。あとは、

・「結婚という形式にこだわらない」(40代・女性)

なんて人も。それは「大人の恋愛」というより「大人の関係」では…?もしかしたら、フランス婚みたいな意味かもしれませんが。
かっこいいなと感じたのはこちら。

・「あらゆる結果に対して全て責任を持てる」(40代・男性)

男女共にこう考えられるようになったら、文字通り「大人の恋愛」ができそうですよね。

■大人の女にとっての「大人の恋愛」


人生の先輩である50代の女性たちからは、かなり深みのあるコメントが寄せられました。

・「相手を変えようとしない」(50代・女性)

・「リアルでなかなか会えない距離であっても、お互いの機微を察し、さり気なくしっとりと感じ合える関係」(50代・女性)

どちらも人生経験を積んだからこそ出てくる言葉なんだろうなと思います。小娘じゃ、こうはいかないもの。
極めつけはこれ!

・「去る者は追わず、相手の幸せを願う恋愛」(50代・女性)

追わずに幸せを願っていたら、どんな浮気男だっていつの日か、反抗期が終わった息子のようにその女性のもとに帰ってきそうな気がします。

そんなこんなで、ここまでのコメントを総括すると、「大人の恋愛」の定義は「お互いに求めすぎず、与えすぎず、愛すること」なのかなと。うーん、難しそう…。

■あなたの恋愛偏差値は?


みなさんは、ご自身が「大人の恋愛」をしていると思いますか?それとも子どもっぽい、振り回し振り回され…みたいな恋愛ばかり?

自分では「大人の恋愛」をしているつもりでも、傍目にはお子ちゃまにしか見えない幼稚な恋愛をしているかもしれないですよね。

ちゃんと「大人の恋愛」ができているか、大人の女性としての実力はどれくらいかが気になったら、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんが監修するモバイルサイト「大人の恋愛偏差値」をチェックすることをおすすめします。

池内さんは女性が男性との交際中に気をつけなければいけない恋愛マナーや、守るべき恋愛モラルを熟知しているスペシャリスト。そして、びっくりするほど美しくて大人かわいい50代です!

診断で出たあなたの「恋愛偏差値」に基づき、恋愛マナーを改善するお手伝いをしてくれるので、「大人の恋愛」の作法が身につくはず。

下半期に向け、「お互いに求めすぎず、与えすぎず、愛する」…そんな本物の恋ができる大人の女性を目指してみませんか?

監修者紹介
池内ひろ美
東京家族ラボ主宰
1961年岡山市生まれ。夫婦・家族問題評論家。夫婦・家族問題コンサルタント。
メディエーター。日本ペンクラブ会員。栄中日文化センターはじめ新聞社系文化センター講師。

モバイルサイト


大人の恋愛偏差値