By Topher McCulloch

アメリカ・ニューヨークに本部を置く世界最大の調査会社ニールセンがゲーム市場の調査を行い、その結果をまとめた「GAMES 360 U.S. REPORT 2017」を公開しました。ちょうど2016年にはソニーから新型の4K対応PS4である「PS4 Proが発売され、Microsoftは新型の「Project Scorpio」を発表、2017年3月には任天堂が「Nintendo Switch」を発売しており、主要ゲームメーカーが大きな動きを見せたばかりのタイミングということで、これらのコンソールがどのくらいの注目を集めているのかも調査されています。

NIELSEN GAMES - GAMES 360 U.S. REPORT 2017

(PDF)http://www.nielsen.com/content/dam/corporate/us/en/reports-downloads/2017-reports/nielsen-games-360-report-2017.pdf

Study Shows More People Interested in Buying Nintendo Switch Than PS4 Pro or Scorpio - IGN

http://www.ign.com/articles/2017/05/10/study-shows-more-people-interested-in-buying-nintendo-switch-than-ps4-pro-or-scorpio

ニールセンによる調査は、アメリカに住む13歳以上の男女2000人以上を対象に行われました。

13歳以上の人の中でゲームをプレイしている、いわゆる「ゲーマー」の割合は年々上昇しており、2016年には64%となりました。



ゲーマーを「PS4やNintendo Switchのようなゲーム専用機を使用する人」と「スマートフォンやタブレットなどを使う人」と「PCを使う人」に分けると、過去3年分の調査を含めても最も割合が多いのは「ひとつのデバイスでしかゲームをプレイしない人(赤)」。続いて「2つのデバイスでゲームをプレイする人(ピンク)」「3つ以上のデバイスでゲームをプレイする人(薄ピンク)」となっています。2017年の調査結果では、前年度の結果よりも「ひとつのデバイスでしかゲームをプレイしない人」の割合が増えているのが目につきます。



13歳以上の一般人に「スマートフォンもしくはタブレットでゲームをしているか?」を質問した結果が以下のグラフ。赤色は「スマートフォン・タブレットではゲームをプレイしていない」という人の割合で、ピンクは「スマートフォン・タブレットでゲームをプレイしている」という人の割合。2013年は半数以上が「スマートフォン・タブレットではゲームをプレイしていない」と回答していたものの、年々ゲームをプレイする割合が高くなってきていて、「スマートフォンやタブレットでゲームをする」というのが多数派に転じています。



ゲーマーがどのプラットフォームでゲームをプレイすることを最も好むかを調査した結果がこれ。ゲーム専用機を使ってゲームを楽しむ層が最も多い47%、続いてPCゲームを楽しむ層が27%、モバイルデバイスでゲームを楽しむ層は26%でした。



続いて、「どのゲーム機を聞いたことがあるか?」を調査した結果が以下のグラフ。調査対象全体の回答結果をまとめたのが「GENERAL POPULATION(一般人口)」で、その内ゲームをプレイする層を「GAMERS(ゲーマー)」、しない層を「NON-GAMERS(ゲーマーではない人)」に分けています。どの結果でもPS4が最も知名度の高いゲーム機であることが分かるわけですが、少し驚きなのはゲームをプレイしない層にはPS4 ProよりもNintendo Switchの方が知名度が低いという結果です。



そして、「今後購入したいと思うゲーム機」について調査したところ、以下のような結果になりました。ピンクがゲームをプレイしない人口も含めた一般人口全体における割合、赤はゲーマーの中での割合を示しています。最も購入したいと思われているゲーム機はPS4で、続いてXbox One/Xbox One S、Nintendo Switch、PS4 Pro、Project Scorpio(まもなく登場予定のXbox最新機種)と並んでいます。Nintendo Switch、PS4 Pro、Scorpioというゲームメーカー各社の新型端末の中では最も「購入したい」とされたNintendo Switchですが、発売から既に数年が経過しているPS4やXbox Oneよりも需要は低いという結果に。それでもPS4やXbox Oneとの知名度の差を考えれば上出来の数値かも。



なお、ニールセンのGAMES 360 U.S. REPORT 2017では、「ゲームを買うならパッケージ版かデジタル版か」や「週にどれくらいゲームをプレイしているか」「月にゲームにどれくらいお金をかけているか」といった調査の結果も報告されています。