ドリーとベッキー、ラッコ ©Disney/Pixar(撮影 / つるたま)

写真拡大

東京ディズニーシーに新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が2017年5月12日(金)オープン!

【写真30枚】TDS「ニモ&フレンズ・シーライダー」フォトギャラリー

これに合わせて、映画『ファインディング・ニモ』シリーズとアトラクションに登場するキャラクターのデコレーションが登場しました。

アトラクションの周辺のあんなところやこんなところに・・・!?

『ファインディング・ニモ』シリーズをよく知らないという人も、キャラクターについて知ればアトラクションも倍楽しめるはず!

ということで、デコレーションの場所やキャラクターの魅力について合わせて紹介していきます。

バケツの中に!ドリーとベッキー

ホライズンベイ・レストランの前の池の岩場には黄緑色のバケツと鳥のベッキーがいます。

ベッキーは『ファインディング・ドリー』でマーリンとニモがドリーを探すお手伝いをしてくれたちょっと怪しい(?)アビという鳥です。

そして、黄緑色のバケツは作中でも登場するアイテム。

このバケツ、よーく見てみると・・・

中にドリーの姿が!

目を見てちゃんと話せば意思が通じるベッキー。

まるでベッキーとドリーがお喋りしているみたいですね。

可愛すぎるラッコとだっこ

可愛らしさで定評の高いラッコたち。

ホライズンベイ・レストラン前の池の岩場の何カ所かで、ラッコたちがぎゅーっとしています。

その愛らしい姿に、見つけた瞬間あなたも目が離せなくなってしまうはず!

日向ぼっこ中?のアシカたち

アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」の前の岩場にもキャラクターが。

『ファインディング・ドリー』に登場するアシカのフルークとラダーが岩の上で休憩しています。

作中でもフルークとラダーは海洋生物研究所の近くの岩場でいつものんびりしています。

岩場の横をよく見るとジェラルドの姿も!

ジェラルドは黄緑色のバケツを持ってきた少し変わったアシカです。

フルークとラダーのいる岩場にいつも乗りたそうにしていますが、ここでも乗らせてもらえていないみたい。

擬態が得意なハンク

7本足のミズダコのハンク。

『ファインディング・ドリー』では得意の擬態を活かして活躍します。

東京ディズニーシーでも「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」の橋脚に上手に擬態しています。

探すのに難易度高めのデコレーションですが、少し上を見上げて探せば見つかるはず・・・!

個性豊かで魅力溢れるニモの仲間たち。

是非見つけてみてくださいね。